スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

精神疾患患者は本当に病気なのか(my日本の日記より転載)【265号】

(お手数ですが、まずは、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。
 
 さて、私のプロフでも書いてある通り、私は精神疾患患者であります。

 ということは私は基地外なのでしょうか。

 基地外とはいったいどういう人を指すのでしょう。

 私は精神疾患を持った人のための支援センターに通っていて、そこでは同じような精神疾患患者が大勢います。

 しかし、話してみるととても病気を持っているとは思えないほど「普通」の人です。

 ちゃんとコミュニケーションも取れますしね。

 ともすると、一般人の中にもっとおかしい人間がいっぱいいるのではないかと思うくらいです。

 そこで考えてみたのですが、精神疾患というものはどのように定義されるのでしょうか。

 結論から先に述べると、日本が「近代」を迎えた時から、日本人の精神は病み始めたのではないでしょうか。

 それまでは日本人として安定した心で暮らしていたのが、西洋から「近代」を移植させることで、どこか日本人としての心が歪んでしまったのではないかと思うのです。

 黒船来航の19世紀以来、この日本に住む民族の魂は右往左往しているように思われてなりません。

 戦後、さらに「近代化」が進んだことで、日本人の心の病はますます酷くなっていっている気がします。

 今の日本人は心から安心するという経験がなくて、いつも不安の中にいるのではないか。

 そう考えると、すべての日本人、ひいては「近代化」を経験した国の民族はすべて、心が病んでいる精神疾患患者ではないかと思えてきます。

 むしろ、「精神病患者」と呼ばれていて、社会からドロップアウトした人間の方が、「近代化」の影響を受けておらず、「まともな」精神を持っているのではないか。

 いったいどちらが「精神病患者」なのか分からなくなってきます。

 ツイッターをやっています→ryoma4351をフォローしましょう

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

  ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


1

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM