スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

厚労省はお粗末すぎる 【81号】

 

 (お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、サンボマスターの「青春狂想曲」が流れている中で、活性水素水をぐびぐびやりながら書き込みしています♪

 さて、新型インフルエンザですが、皆さん、しっかりと予防しているでしょうか。

 しかし、厚労省のこのような対応では、我々がいくら予防しても感染は防げません。

☆==================
【新型インフルエンザ】やっぱ厚労省はダメなんだろうな・・

 
新型インフルエンザに関するコラムを読み、「感染症対策」という視点から、厚労省の行った「新型インフルエンザ対策」については、私自身が考えていた過ちを指摘されたので、勉強になった。

 私と同程度の感覚で新型インフルエンザ問題を見ていた方も、いらっしゃるだろうと思うので、以下に紹介します。
==================☆

 どんな内容の話なのでしょうか。

☆==================
 「日本が感染症対策の途上国である」
 

厚労省の新型インフルエンザ対策の欠陥を、木村もりよ医師に聞く

http://diamond.jp/series/tsujihiro/10071/ 

 木村もりよ医師は、厚労省検疫官なのだが、今回厚労省が行ってきた対策は、「何ら有効ではない」それどころか「世界的な常識からは的外れな対策」「感染症対策の途上国」であると断じてらっしゃる。

 主張を伺うと、「うーん、なるほどなぁ・・」と思いました。

 やはり様々なことに「常識」というものがあり、それを知らないまま、政府の新型インフルエンザ対策を判断してきたことへの甘さを自分自身に感じました。補正予算に計上されている、政府の医療関係の中にある「新型インフルエンザ」に関する対策は、以下のものだけでした。
==================☆

 どんなことかというと、、、 

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

続きを読む >>

1

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM