スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「悪魔の増税」というシナリオ 【90号】

JUGEMテーマ:政治家




(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、熱いコーヒーをすすりつつ、東儀秀樹さんのデビューアルバム『togi hideki』を聴きながら書き込みしております♪

 さて、最近、消費税増税十何パーセントという数字が一人歩きしている観があります。

 このことについて、自民党の大物議員である中川秀直さんが苦言を呈しております。

☆==================
(財政再建)「悪魔の増税」には断固反対する

日経新聞社説(6/10)に書いている「目標の修正は避けられないが、増税頼みでは国民の理解は得られない。米国をはじめ先進各国は、財政健全化と同時に経済を強じんにする『出口戦略』をもっと明確に打ち出している。歳出の絞り込みや、日本経済の持続的な成長に向けた構造改革や規制改革で、より説得力のある行動方針を盛り込むべきだ」は、正論である。
==================☆

 そうですね、これほどの正論はないでしょうね。

☆==================
私は誰よりも財政再建に真剣だ。消費税導入のときも、私は先頭に立って国民にお願いをした。次に増税が必要なときも、私はその先頭に立つ覚悟だ。しかし、失業者が増え、デフレが続いている今ではない。
==================☆

 増税の必要性は認めているのですね、ただ、その時期が問題であると。

☆==================
私の基本認識は、「デフレ下で増税して財政再建に成功した国はない」ということである。増税論者のみなさんは、日本のインフレ時代の成功体験にとらわれたまま、デフレ時代に対応しようとしている。私にいわせれば、日露戦争の戦法でミサイル戦争の時代に対応しようとしているような時代錯誤だ。しかも、デフレ下の増税でどれだけ経済が悪くなっても自分だけは関係ない地位にいる人がいっているのではないか。犠牲になるのは国民だ。
==================☆

 昔の習い性から抜けられない人達の主張であるということですね、それも自分の利害には関係ない無責任な立場からの発言であると。

 その犠牲者は国民になるわけです。

 さらに中川さん語気を荒げて、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
続きを読む >>

1

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM