スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フェミニズム批判の啓発を広めよう 【141号】

JUGEMテーマ:フェミニズム問題

(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う!「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。

 さて、今回も、フェミニズムに対する批判をエントリーします。

 題材は、私が愛読しているブログです。

☆==================

2009-11-21 21:31:47 | 結婚、恋愛

 「結婚出来ない理由を女や社会の責任にしている」、「責任転嫁と僻み丸出しのゴミがほざいてる」、「もてない男がここでストレス発散している」、これらは何れも本ブログにこれまで投稿された貶し投稿の一部である。
==================☆

 はあ。。

☆==================
 フェミニズムを批判する者は皆もてない男と決め付け、そして彼らは口を揃えて
「女にもてたければ男が努力して自分を磨け」と強調する。しかしこうした主張こそ単なる女のご都合主義であり、女の身勝手を助長しているのだ。
==================☆

 どういうことでしょうか。

☆==================

 もし連中が言うように、女や社会の責任にするのが駄目というのなら、即ちそれは全て自己責任の社会を意味する。つまり生活のあらゆる不都合は全て自助努力によって解決しなければならないということだ。
==================☆

 なるほど。

☆==================

 だがそうなると、身の安心確保も全て自己責任ということになる。例えば女性が痴漢や強姦に遭っても、それは防御意識が欠けているから、大切にされる女性になれるように女性が自分を磨けばいい、ということになる。更に泥棒に入られたり、殺人事件に巻き込まれても、全て自己責任というわけだ。こうなると、法律自体必要なくなってしまう。法律が必要ないなら、納税の義務もなくなる。
==================☆

 そうなりますね。

☆==================

 動植物などの世界なら法律も何も存在しない。
==================☆

 そうなってしまいますね。

☆==================
しかし交尾、受精による種の保存、存続だけは延々と続く。そしてどの種も数を増やすことに努力する。間違ってもフェミニズムのように結婚もしないし子供も産まないなどというひねくれ物は存在しない。もしあったとすればそれは欠陥種だ。
==================☆

 そうなっていますね。

☆==================
 法律などの社会制度は、自然の生態系が維持されるように制定されなければならない。結婚したくないなどという主張が通ってしまうのは、それだけ法制度に不備がある証拠だ。これが一昔前なら周囲の指導などもあり誰でも結婚していた。だから特に結婚に焦る必要性もなかった。また過剰に理想を高くするようなふざけた女もいなかった。従って非婚罪などといった非婚を罪にするような法律の必要性も主張しなくてもよかった。それは何より自然な生態系が維持されていたからこその証ではないだろうか。
==================☆

 なるほどねぇ。

 そうだとしたら、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

続きを読む >>

「歪んだフェミニズム」がもたらした痛ましい事件 【122号】

JUGEMテーマ:フェミニズム問題



(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。


 さて、今回は「歪んだフェミニズム」がもたらす弊害について扱ってみます。

 テキストは、フェミニズムを鋭く批判しているブログです。

☆==================
結婚詐欺女が大量殺人犯の可能性、フェミニズムによる結婚難の弊害

結婚詐欺で逮捕された女が殺人事件に関与している疑いが強まっている。それも現時点で6人の男性の死への関与が疑われている。中でも会社員大出嘉之さん(当時41)は、結婚を控え婚前旅行に行くつもりで出かけた後に、遺体となって発見されている。結婚を求める男性の純粋な気持ちを平然と裏切るこの女の犯行が確実なものとなれば、男性の怒りは頂点に達することだろう。
==================☆

 そうなるのは目に見えていますね。

☆==================
 
・詐欺罪の女性被告の知人男性数人が相次いで不審死 埼玉県警が殺人容疑で捜査 2009/10/27 10:23
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/317350/

・ブログで「結婚」を示唆、翌日に遺体で発見 詐欺女被告知人不審死 2009/10/27 12:36
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/317475/
 
・「叶姉妹が理想」男性4人怪死、結婚詐欺女の“素顔” 2009/10/27 19:11
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/317639/

・34歳女、練炭を大量購入…2人不審死の前に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091028-OYT1T00112.htm

 これを受けて、まだ殺人容疑が固まってはいないが、ネット上ではこの詐欺女に対する非難の声が殺到している。しかし一方で、騙される男性も悪いといった男性批判も相変わらず存在する。勿論警戒心は何事も必要だが、騙される男性が悪いのなら、振込詐欺でも騙された方が悪いことになってしまう。
==================☆

 この論理には無理がありますね。

☆==================
 ところで、こうした結婚詐欺事件やそれに伴う様々な事件が起きる背景には、やはり女性権力フェミニズムが根底に根ざしているからと言えるだろう。フェミニズムによる女性の非婚化と果てしなく高い理想を追い求めてそれを「婚活」などと称して正当化する。だが実態は結婚は全く進まず女性は30を過ぎても40を過ぎても結婚しようとしない。そのため結婚出来ない男性が増えてしまい、慢性的な男性の結婚難が続く。こうした状況の中で、男性の弱みに付け込んだ卑劣な結婚詐欺も成り立ってしまうのだ。
==================☆

 そうなんでしょうね。

 例えば、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

続きを読む >>

1

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM