スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

逆転の発想による支那中共脅威論 【77号】




(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!
 
 ただ今、MDに録音しておいたあややのラジオを聴きながら、活性水素水を飲みつつ書き込みしています。

 さて、最近、支那中共の脅威論がかまびすしいですが、以下のような逆転の発想による支那中共脅威論があります。

 珍しいので、取り上げてみました。

☆==================
☆ 発想逆転中国脅威論 ―――――――――――――――― 老玩童 OJIN

ーーーたぶん皆様が考えておられるのとは全く逆の「中国脅威論」を述べさせ
ていただきます。どうぞ仰天なさっていただけますよう――――。
==================☆

 はあ、心しておきましょう。

☆==================
――― 共産党政権が崩壊せずに続いてくれますよう!
==================☆

 ええ!?(いきなり動揺)

☆==================
 中国バブルがはじけ、そして共産党政権は崩壊する。北京オリンピックの前ま
で、こういう予想論説がけっこうたくさん出されていました。ーーーでも、い
まだに崩壊する兆しなんかまったくありません。
==================☆

 そ、そうですねぇ。

☆==================
アメリカ発の百年に一度といわれる大不況が襲ってきても、涼しい顔で公共投
資57兆円とか・・・ツブレそうな様子のカケラもありませんですね〜。
==================☆

 そ、そうですかねぇ。

☆==================
よかった×よかった♪
==================☆

 …(無言)

☆==================
だってですよ、今は共産党政権がガッチリとタガを締めていますからいいです
けれど、もしも不況で暴動頻発、中央政府が抑えきれなくなって政権崩壊‥‥

なんてことになったら、
==================☆

 イエーイ、いいことじゃないですか〜(^^

☆==================
政権が覆るぐらい各地に騒乱が頻発するようでは、当然一般大衆が安心して暮
らすことなんかできませんから・・・ベトナム戦争がベトコンの勝利に終り、
南ベトナム政権が崩壊した時、どのぐらいの難民が海を越えて逃れたか覚えて
おいでですか?
==================☆

 あ、そんなこともありましたっけねぇ(‥ )

☆==================
当時の南ベトナムの人口なんて、たかだか2〜3千万人だったはずで、さらに
はるばると離れた日本にまで、かなりの数のベトナム難民が小さな船でやって
きました。

中国の政権がもし崩壊して、国内で安全に暮らすことができなくなったら・・

ゾ〜ッとしませんですか?ーーー中国の東海岸から日本の九州や沖縄までなん
て、ベトナムに比べたら指呼の間の距離です。

そんな難民船が続々と近づいてきたとき、海上保安庁の巡視船や自衛隊の艦艇
が、砲を向けて撃沈することなんてできるでしょうか? よしんば撃沈できた
としても、溺れかけたり船端に群がり寄ってくる人々を、機関銃でなぎ払って
海の藻屑にできるのでしょうか?

ーーーできるわけがありませんーーー
==================☆

 うーん、や、やれば出来るか、無理か(ーー;

☆==================
では、そんな難民が続々と上陸してきたら、衣・食・住の全てのめんどうをみ
なければならなくなりますよね?ーーーそれでもかまわないと思いますか??
==================☆

 そ、それは、どうだろ??( ̄^ ̄;

☆==================
共産党政権が続いて、しっかりとタガを締めて安定していてくれるのが、最も
日本の国益に適う・・・違うでしょうか?まだ中国政権の崩壊を望みますか?
==================☆

 (ーー;(ーー;(ーー;

☆==================
――― 民主化なんて不要!人権弾圧も容認!
==================☆

 むむ、それはどうかな(ーへー)

☆==================
中国に民主化を!人権弾圧反対!チベットや東トルキスタンに独立を!

ーーーなんて運動をしている日本人がけっこうおります。しかし、

ある日、中国政府がこんなことを実行しちゃったらどうしますか?
==================☆

 どんなことかといいますと、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
☆==================
┌──────────(中南海の奥の奥のある部屋で?)

先進国どもが、民主化だとか人権弾圧だとか、グチグチとウルサイな〜〜〜

面倒くさいから、それならご希望を叶えてやろうじゃないか??‥‥でもさて
どうしようかな〜〜〜


そうだ!アメリカやEUを見習おう!
==================☆

 ほう、どういうことでしょうか。

☆==================
中央集権の独裁なんかやめて、各省を独立させちまって、中華合衆国にする!

連邦政府は軍事と外交と教育と、全国にまたがる行政だけ担当して、各独立省
からそれに必要なお金を上納させて、それ以外はそれぞれ好き勝手にやりなさ
い〜〜〜♪

そうだ!そうすれば各独立省は今以上に競争して頑張るようになるだろうから
少し落ちてきている経済成長率もまた回復して、十数%を取り戻せるかもしれ
ない!!
==================☆

 あー、そういうこともあるかもしれませんね(ー3ー)

☆==================
中央だけ共産党が握っていれば、各独立省が別の政党の政権になったってかま
うものかーーーなにしろこっちは連邦軍を握っているんだからな。むふふふ。

なかには自由党や民主党、国民党が政権を担う省もでてくるだろうから、先進
国どもも、民主化だとか人権とか、今までのようには吠えなくなるだろう‥‥
==================☆

 そ、そうなりますかね。

☆==================
そうだ!こういう政体ならば台湾だって、すんなりと我が連邦に加盟するかも
しれないじゃないか! 一発の銃弾も使わずに‥‥これぞ孫子兵法の極意!!

そうなれば、日本のシーレーンは中華合衆国が抑えることになるわけだから、

あいつらも言いなりになるしかない・・・まてよ?うまく日本のバカどもを誑
[たら]しこんだら、あいつらも我が中華合衆国に加盟するかもしれないじゃな
いか!!
==================☆

 O沢が政権取っていたら、や、やりかねない(ーー;←F田でも同様だな

☆==================
尖閣も沖縄も日本省の管轄と認めて、北方領土もロシアと強硬に交渉して取り
戻してやり、竹島も韓国を脅して日本に返させれば、日本国民は大喜びで加盟
に賛成するんじゃないか?
==================☆

 支那中共マンセーの国会議員がわんさかいるからな、あり得る話だな、これは(ーー;

☆==================
尖閣や沖縄なんてチマチマしたやり方じゃなく、日本全体を丸ごと呑み込んで
しまったほうが効率がいいじゃないか!ーーーそうなれば朝鮮・韓国も薬篭中
のもの――――。
==================☆

 (ーー;(ーー;(ーー;

☆==================
シベリアや中央アジアには我が人民をどんどん送り込んで、人口比で圧倒して
おいてから、住民意志の自由選挙で中華合衆国への参加を決めさせる―――。
==================☆

 すでに、支那中共が実行している策略ですね(選挙で王室を廃絶させられた国もある)。

☆==================
昔アメリカが西部で、フロンティアとかいって使った常套手段と同じじゃない
か、ーーーアメリカが文句なんか言えるわけがない。移住にロシアなんかから
クレームがきたら、独立省が勝手にやってることだから、と空っとぼければい
い。
==================☆

 さすがのアメリカもやぶ蛇になるし、ロシアも手こずるだろうな。

☆==================
・・・んで、南アジア方面にはどういう作戦でいくかな・・・

♪よ〜しよしよし、早速実施計画を策定させなくちゃならんぞ〜♪

└──────────(奥の奥の‥‥ここまで)

いかがですか?

中南海の奥の奥で、こんな構想が持ち上がっていない、と、断言できますか?
==================☆

 謀略については百戦錬磨の歴史を持つ地域ですからね、そのくらいの発想は持っている可能性はある(ーー;

☆==================
――― 空母艦隊保有に大賛成!
==================☆

 なぬ!?Σ(ー”ー)

☆==================
以前に、メルマガ「縄文塾通信」から転載させて頂いたものの抜粋ですが、

┌──────「中国に軍事費を無駄づかいさせる方法」大礒正美

「位打ち[くらいうち]」という高度なテクニックがある。日本の歴史には多く
の例がみられ、効果も証明されている。日本人の得意なソフトパワーとして認
識を新たにし、国の外交戦略に活用したらどうだろうか。
==================☆

 どういうことでしょうか。

☆==================
外交戦略に活かす場合、ちょうどいい相手とテーマがある。具体的には、中国
海軍が本気で空母艦隊の保有を志向し、ゆくゆくは太平洋の半分を米軍から奪
い取りたいと考えているらしいことである。

それならば、どうぞおやり下さい、なんなら手伝ってあげますよ、というのが
日本の高度な外交テクニックになりうるのではないだろうか。
==================☆

 どのような理由で?

☆==================
中国軍では、かねてから空母に憧れを持ち、旧ソ連とオーストラリアから中古
ないし未完成の空母4隻を買い入れている。そのうち3隻はスクラップか展示
用にしかならなかったが、未完成だった「ワリヤーグ」6万トン弱だけは、大
連で着々と追加工事を施され、2009年には実証試験用の空母として姿を現
すと予想されている。
==================☆

 ふむ。

☆==================
7月末に、カナダの民間研究機関が発表したところによると、中国は既にロシ
アから、艦載機の着艦制動システムを4セット購入したという。また8月には
北京からの報道で、艦載戦闘機のテスト機を10機ほど、これもロシアに発注
したという。

艦載機となる予定のスホイ33型を、中国は少なくとも50機、計25億ドル
で購入するとか、発注したという情報もある。
==================☆

 ふむふむ。

☆==================
では、1艦隊を整備するのに、いくらぐらいかかるだろうか。そこがまず難関
である。空母は、イージス護衛艦と違って、単艦で考えることができない。艦
隊を常時機動させておくには、主力の空母が、予備と整備中を含めて3隻必要
となる。

付随するミサイル艦艇と原潜にも予備が必要だから、当初の艦隊整備に天文学
的な費用がかかるだけでなく、すべての装備を絶えず更新していく予算を確保
し続けなければならない。

日本が持つとしたら、艦載機を別として、1空母艦隊でも現在の海上自衛隊の
全予算をオーバーするといわれる。
==================☆

 え、そんなにするんですか??

☆==================
つまり、旧ソ連でさえ、コストと技術の両面から持ち得なかった空母艦隊を、
中国が持とうとしているのであれば、「どうぞ、どうぞ、中国さんならやれま
すよ」「日本もアメリカも、決して反対はしませんよ」「中国のような大国な
ら空母を持つのは当然です」といって、提灯つけてやるのが上策ではないだろ
うか。すなわち「位打ち」である。
==================☆

 ふーん(・・)

☆==================
日本には何ができるのか? 中国が飛びつく「官位」はあるのか?

実は、空母の技術面で最も難しいのは、着艦ではなく離艦装置なのである。旧
ソ連も英国もフランスも、自前で着艦装置は開発できた。しかし、蒸気カタパ
ルトで数十トンの機体を放出する離艦技術は、今でも米軍だけが抱え込む専売
特許となっている。
 
その技術を、戦前から空母を手がけた経験のある日本は、「なんとかなります
よ」とチラつかせることは可能だ。中国が喉から手が出るほど欲しい技術であ
る。

└──────────
==================☆

 なるほど。

☆==================
OJIN は、何故か造船の先端技術者と縁がありまして、よく一緒に飲みながら
話をする機会が多いのですが、この「蒸気カタパルトで数十トンの機体を放出
する離艦技術」は、実は戦前の日本が完成させていたもので、

敗戦でアメリカには漏れてしまったものの、実はその技術は今でもその民間会
社に残されていて、日本が「その気になれば」あっという間に空母艦隊なんて
作れるそうです。

いやいや、これは余談の話でした。
==================☆

 ほう、そうなんですか。

☆==================
そういうことではなくて、アメリカだって、現在の経済力をもってしても空母
艦隊を維持するのにヒーコラ、日本から思い遣り予算で助けてもらったり西側
諸国に様々な形でオンブにダッコしながらようやく保有しているものを、

成長著しいとはいっても、中国の経済力なんてアメリカの何分の一ですか?

しかも、アメリカのように協力してくれる有力な同盟国なんてありますか?

反対したって意味がありません。作りたいなら作らせてあげればいいんです。

何年もしないうちに、バカなことをしてしまった‥‥と、後悔の臍を噛むこと
になるのが関の山です――――。

≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡ 、http://www.melma.com/backnumber_43159_4488916/
==================☆

 なるほど、それも一理ありますねぇ。

 これからは、支那中共脅威論の見方も変わりそうです。

なぜいま安倍晋三なのか
なぜいま安倍晋三なのか←アマゾンで注文!
↑もっとよく安倍元首相のことを知りたいと思ったら、第三者の山本一太議員が率直に安倍さんの実像をつづっているこの本を読もう!

 安倍さんの本も、一太さんも、どちらもめちゃくちゃ売れているぞぉ!!

P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
    コメント
    スチーム・カタパルトは
    原子力の蒸気を離陸にまわして使うので何かと問題があるが
    最近は
    リニア・カタパルト
    が研究されているそうだよ。
    >柳生様

     コメント、ありがとう御座います(^^vv

     リニアですか、それなら安心なのかな、早そうだし。
    はじめまして(^^)
    耕さんのブログから来ました。
    この記事、とってもおもしろかったです。
    深刻になりすぎて怖い怖い思うと発想も縮まってしまいますが、こんな考えもあるのかーと、特に空母のところ感心しました。
    楽しく読ませて頂けたのもよかったです。
    私も安倍さんと城内さんを応援しています。
    これからも拝見させて頂きますね。
    >きょーちゃん様

     コメント、ありがとう御座います(^^vv

     今までにはなかった発想ですよね、私も興味深く読みました。

     安倍さんと城内さん、批判されるべきところはあるのでしょうが、、、

     欠点丸がかえで信ずる それが本当の信

                     (byみつを)

     ですよねww

     これからも、よろしくお願いします☆彡
    突然だが・・・ジョーイくん
    明日の記事で詳しく書くが
    瀬戸さんと電話でケンカしてしまったから
    もう新風とは付き合わない。
    瀬戸さんは”国家社会主義”なんて言ってるから
    「それじゃマルクス社会主義の左翼と
    人間性社会主義の創価学会とも同じではないか?!」
    と言ってやったら瀬戸さんがキレてしまった。
     
    無知を恥じようともしない態度は政治に関わる資格もない!
    バカは死ななきゃ直らないよ!
    >柳生様

     天皇制共産主義なんてのもありましたからねぇ。

     忠言、耳に痛しという言葉を知らないのかな。

     過ぎたるは及ばざるがごとしともいいますね。
    あぁ・・・・ジョーイくん
    一応・ゆっくりと話し合おうということになった。
    まぁ、瀬戸さんも忙しいから急には無理だろうがこちらの言い分も聞いてくれそうだ・・・
    >柳生様

     そうですか。

     まあ、思想が近いからこそ、返って対立するということもあるかと思います。

     よく話し合えば、分かり合えることもあるのではないでしょうか。

     頭ごなしに相手の言い分を否定するのは控えた方がいいと思います。

     相手の主張にも共感しつつ、理解を求めるという方法が得策ではないかと。

     具体的には、「お説、誠にごもっとも、しかしながら」というしゃべリ方が効果的なんですけどねw
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     「悪の遺伝子」バーバラ・オークレイ著:イースト・プレス  という本がある。  
    • EmpireoftheSun太陽の帝国
    • 2009/05/28 3:26 PM

    Recommend

    Calendar

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    New Entries

    Categories

    Archives

    タグふれんず

    カエラティッカー

    カウンター

    Recent Comment

    Recent Trackback

    Links

    Profile

    search this site.

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM