スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

総理を狙える人材 【82号】

JUGEMテーマ:政治家


(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、チャイコフスキーを聴きながら、優雅に活性水素水を飲みつつ書き込みしています♪

 さて、私がいつも取り上げている山内康一さん(同い年で地元神奈川選出)ですが、今回のエントリーには感銘を受けました。

☆==================
私が党首なら:日本を再設計

先週の党首討論については、このブログでも書きましたが、
ふと「自分が党首だったら何を言うか」を考えてみました。
==================☆

 ほう。

☆==================
首相と野党党首では立場が大きく異なりますが、第1回目なら、
私だったらどっちの立場でも、日本の未来像、ビジョンを語ります。
あまり細かい問題には踏み込みません。
==================☆

 なるほど。

☆=================
ひとことで言うと「日本の再設計」をテーマにします。
==================☆

 ほほう。

☆==================
設計図を書くにあたっての前提条件は、次の通りです。

1)人口減少(ただし、少子化対策で減少スピードを緩和)
2)環境、エネルギー、資源の制約
3)経済の安定成長(=急成長は期待できない)
==================☆

 こうなるでしょうね。

☆==================
人口も経済も拡大し続ける、という20世紀の前提を捨てます。
高度経済成長期の「量の拡大」の思想と決別します。
==================☆

 このような考え持たないといけないでしょうね。
 
☆==================
人口減少に転じた日本は「質の向上」を志向します。
森や山を崩し、田畑をつぶして都市が拡大する時代は終わりです。
==================☆

 この方向が正しいでしょうね。

☆==================
新しいインフラや箱モノをつくるのは、原則としてもうやめます。
よほど費用対効果の高いインフラ以外は、新規建設を禁じます。
==================☆

 そうじゃないとダメでしょうね。

 なぜならば、、、

☆==================
新しいインフラをつくれば、建設費で借金が増えるだけでは済みません、
それ以後ずっと維持管理費がかかります。建て替えも必要です。
未来の世代に二重のツケ(建設費+維持費)を残します。
==================☆

 こうなるからです。

☆==================
むしろ既存のインフラを大事に長持ちさせ、質の向上を図ります。
既存インフラのバリアフリー化、省エネ化、耐震化を重視します。
都市の拡大はやめて、都市の再整備や既存インフラの改良を行います。
==================☆

 妥当な線ではないでしょうか。

☆==================
都市部では「車がなくても快適に暮らせる街」を目指して、
コミュニティバスや路面電車(LRT)等の公共交通機関を充実し、
自転車や歩行者にやさしい道路づくりを行います。
==================☆

 そうしてもらいたいですね。

☆==================
環境と人間生活が調和した街づくりを目指し、
行政コストを下げ、エネルギー効率の向上を実現します。
地方の過疎地では「コンパクトシティ」化を進めます。
==================☆

 なかなかの発想ですね。

☆==================
以上の前提に立てば、補正予算の使い道も大きく変わります。
==================☆

 少なくとも、今の使い方よりも、遙かに良い方向に変わるでしょうね。

 さらなるアイデアとして、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
☆==================
もうひとつの主要テーマは「分権型社会」の建設です。
地方分権とあわせて、行政の再設計(解体と再構築)を行います。
公(おおやけ:パブリック)を政府が独占する時代に終止符を打ちます。
々埓、企業、L唄嵌鷄塚セクター(NPO)の三者で公共を担います。
==================☆

 こんなアイデアがあるのですか。

☆==================
政府が独占していた権限を「分権化」していく流れをつくります。
私の言う「分権型社会」とは、|羆から地方への分権と、
∪府から民間・市民社会への分権が、同時並行的に進む社会です。
==================☆

 なるほど。

☆==================
「分権型社会」では、中央政府は国にしかできない仕事に集中します。
霞が関の中央省庁や国会の国際的な業務はむしろ強化します。

地方政府に命令を下す霞が関から、地方政府をバックアップする霞が関に、
意識の面でも、機能の面でも転換を図ります。
==================☆

 良いアイデアではないでしょうか。

☆==================
霞が関の事業官庁は、シンクタンク的官庁へと転換します。
中央省庁の公務員の数は減り、今より知的で高度な仕事をやってもらいます。

中央省庁の地方の出先機関はなくなり、地方政府に業務を移譲します。
利益誘導が仕事だと思い込んでいる国会議員は絶滅するでしょう。
==================☆

 それは良いことですね(^皿^)

☆==================
NPOに対する寄付金優遇税制やNPOとの協働事業を大幅に拡大します。
地域の問題は地域で解決できる仕組みをつくります。
「分権型社会」は同時に「参加型社会」でもあります。
==================☆

 とても画期的なアイデアではないかと思います。

☆==================
新しい社会をデザインするのが、日本のリーダーの仕事です。
日本を再設計するビジョンの善し悪しこそが、
次の総理を決める評価基準だと思います。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/
==================☆

 こういう正論を述べるのも大切なのですが、何よりも重要なのは、まだ「新人」であるにもかかわらず、総理になった場合を想定できることです。

 こういうビジョンを持った人間が、将来、本当に夢を実現できるのでしょう。

(ちなみに、私が押している高市早苗さんも、街頭演説の時には、前置きとして「私が総理になったら」と言ってから、自分の政策を主張するそうです)


なぜいま安倍晋三なのか

なぜいま安倍晋三なのか←アマゾンで注文!
↑もっとよく安倍元首相のことを知りたいと思ったら、第三者の山本一太議員が率直に安倍さんの実像をつづっているこの本を読もう!

 安倍さんの本も、一太さんも、どちらもめちゃくちゃ売れているぞぉ!!

P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 高市早苗庵 やまぎわ大志郎はまっしぐら も開設しています。 

信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めまして、コメントありがとうございます。

こういう人たちが、日本政治の中枢を担うようになれば
日本も変わるのですが・・・。

抵抗勢力がまだまだ強くて、困ったモンです。(笑)

お互い、お国の為に頑張りましょう!

応援クリックぽちっ! しときました。
>風のヤマオヤジ様

 コメント、ありがとう御座います(^^

 クリックもしてもらえて感謝ですww

 新人議員ながら、山内さんは本当に健闘していると思います。

 本人からメールを頂いたのですが、やはり頭の固い年寄りの存在が、一番のネックになっているようです。

 早く、この人達が政界から退場することを望みます(−−)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM