スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

イスラムとアメリカの橋渡しをしよう 【84号】




(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、クラシックのリムスキー・クルサコフ(知らない)を聴きながら、活性水素水を飲みつつ書き込みしています♪

 さて、たびたび、このブログで取り上げておりますが、今回も、私と同い年で地元の神奈川選出の国会議員、山内康一さんのブログを取り上げます。

 イスラムとアメリカとの関係改善において、日本が果たすべき役割について述べています。

☆==================
オバマのイスラム政策

オバマ大統領がエジプトでイスラムとの「新たな始まり」を訴え、
アメリカとイスラム世界との関係修復を呼びかけました。
ブッシュ大統領時代に悪化したイスラム世界との関係を改善することは、
世界全体にとっても、日本にとっても良いことだと思います。
==================☆

 まあ、良いに越したことはありませんね。

☆==================
世界中のイスラム人口を敵に回すような政策は、
アメリカの国益にも、世界の公共益にもならないのは明らかです。
オバマ大統領の対イスラム政策の変化に、日本も遅れてはいけません。
==================☆

 アメリカ追従とかじゃなくて、日本の国益を考えても、そういう結論になるでしょうね。

☆==================
というよりも、日本は伝統的にイスラム諸国と比較的良好な関係です。
非西欧の先進国の日本は、イスラム諸国では信頼されやすい立ち位置です。
イスラムと和解しようとするアメリカの手助けをできれば、
世界の平和にも貢献し、日米同盟を強化することにもなります。
==================☆

 そう出来ればいいですよね。

☆==================
オバマ大統領は「過去の相互不信や猜疑心を捨てる」と呼びかけました。
日本とアメリカは第二次大戦では血みどろの戦いをしたにも関わらず、
戦後は同盟国としてパートナーシップを築いてきました。
ドイツとフランスもこの200年で何度も戦争しましたが、いまは枢軸状態です。
イスラムとアメリカだって和解のチャンスは十二分にあるはずです。
==================☆

 まずは、出来るという希望を持たないといけませんね。

☆==================
欧米メディア経由の情報を見ると、イスラム教に怖いイメージを持ち、
どうしても「イスラム教イコール過激な原理主義」という印象を受けがちです。
私自身はインドネシアやアフガニスタンで生活した経験があるので、
幸いにしてそういうステレオタイプには組しません。
==================☆

 どういう理由からでしょうか。

☆==================
例えば、自爆テロはイスラム原理主義の専売特許ではありません。
スリランカのヒンドゥー教徒のゲリラも自爆テロで世界的に有名です。
キリスト教徒でも自爆テロに走るケースがあります。
==================☆

 なるほど。

 さらに、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
☆==================
また自爆テロになる若者は「貧しくて希望を失った狂信者」ではありません。
そこそこ裕福な家庭に生まれて、コミュニティのなかで信頼され、
信仰の厚い、好青年といったプロフィールが平均的だそうです。
9・11のテロリストも理系のインテリのイスラム教徒が大半でした。
日本のオウム真理教のテロリストも、理工系の優秀な人が多かったわけです。
==================☆

 なるほどねぇ。

☆==================
自爆テロに走るのが「貧しい狂信者」ではないのであれば、
単に経済援助だけでテロの温床をなくすことはできません。
むしろ教育を受けたイスラム教徒との相互理解を模索する必要があります。
==================☆

 そういう結論になりますよねぇ。

☆==================
宗教の原理主義研究の専門家の小川忠氏(国際交流基金)の著書によれば、
テロの温床は、経済的貧困というよりも、むしろ「誇りの不平等」だそうです。
近代化やグローバル化で誇りを失った人たちが、アイデンティティ危機に陥り、
誇りを取り戻すために原理主義的な動きに共鳴する、という流れがあるそうです。
これはイスラム教に限りません。日本でも一部に見られる状況です。
==================☆

 うーん、これは否定出来ないですね。

☆==================
この「誇りの不平等」を解消するためには、相互理解の促進が重要です。
押し付け的なODAや軍事的威圧を用いれば、「誇りの不平等」は広がります。
==================☆

 そうなりますね、当然の帰結として。

☆==================
中国のODAがアフリカ各国で目立ち、中国の存在感は高まっています。
しかし、中国の強引なやり方は好感度は低い、と言われています。
==================☆

 そうなんですか。

☆==================
日本のODAは相手国の立場に寄り添って、自助努力を重視しています。
そのせいか日本は存在感で弱くても、好感度は高いと評価されています。
相手の「誇り」を傷つけず、ともに歩んでいく姿勢こそ、
これまでずっと日本のODAが目指してきた理想です。
==================☆

 そうだったのですか。

☆==================
また、日本の文化交流事業は、相手国の文化を尊重し、一方的な押し付けを嫌います。
日本の文化交流事業では、例えばインドネシアの芸術家を日本に招いて、
日本人とインドネシア人の協働作業で新しい文化を創造する、といったやり方をします。
そういうやり方がとてもアジアの国々では好感を持って受け入れられています。
==================☆

 そうでしたか。

☆==================
日本人は日本人が思っている以上に東南アジアでは好感度を持たれています。
かつて反日暴動が盛んだったインドネシア等でも、対日イメージは相当良くなりました。
これまでのODAや文化交流事業の成果でもあると思います。
==================☆

 立派に成果を上げているわけですね。

☆==================
残念ながらメディアは成功例はあんまり報道せず、失敗例は大々的に報道します。
==================☆

 そうですねぇ、そういう情報しか入ってきませんねぇ、なぜなんですかねぇ、不思議ですねぇ、奇妙ですねぇ、不自然ですねぇ、バイアスかけているんですかねぇ、色眼鏡で見ているんですかねぇ、日本の美点を国民には知らせたくないのですかねぇ、日本が好きではないのですかねぇ、色々な疑問が浮かんで止まりませんねぇ。

☆==================
日本人はもっと自信を持ってよいと思います。
==================☆

 大いに同感しますねぇ。

☆==================
日本がイスラム社会との共生をリードし、アメリカとのブリッジ役になり、
アメリカに恩を得る、という戦略はどうでしょう。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-42df.html
==================☆

 なかなか、スマートな(笑)提案ではないでしょうか。

なぜいま安倍晋三なのか

なぜいま安倍晋三なのか←アマゾンで注文!
↑もっとよく安倍元首相のことを知りたいと思ったら、第三者の山本一太議員が率直に安倍さんの実像をつづっているこの本を読もう!

 安倍さんの本も、一太さんも、どちらもめちゃくちゃ売れているぞぉ!!

P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。 高市早苗庵やまぎわ大志郎はまっしぐら総理を目指すぞ新人議員の山内康一ゆかりちゃん奮闘記も開設しています。


信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM