スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

緑の保守派が目指すもの 【93号】

JUGEMテーマ:緑の維新活動
(お手数ですが、まずは、
バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。
 
 ただ今、東儀秀樹さんのアルバム「Out of Border」を聴きながら、熱いコーヒーで目を覚ましつつ書き込みをしています♪

 さて、緑の保守−緑の維新運動ですが、新たな展開が起きています。

 あるメールマガジンに、代表部の小論が掲載されたので、それを解説しながら見ていこうと思います。

☆==================
 「緑の保守‐緑の維新」という理念を普及するということは「緑の保守派」というアイデンティティを定着させるということでもあります。
==================☆

 緑の保守派は、アイデンティティとなるものなのですね。

☆==================
 「緑の保守」という言葉は、素朴な意味では緑環境、さらにきれいな水や土や空気を守る、ということを意味します。
 一体誰がこのことに敢えて反対するというほど無思慮でありえるでしょうか。
==================☆

 綺麗な水や土や空気を守るということに、反対する人はいないでしょうね、出来ないでしょうね。

☆==================
このような観点からすれば、人間は、存在の条件からして皆「緑派=緑の保守派」だといってよいぐらいです。
==================☆

 「存在」からして、すでに「緑の保守派」になっているのですか。

☆==================
 「緑の保守」には、更に「一次産業の振興」「地方の活性化」果ては「敬神」「尊皇」ということも含まれます。
==================☆

 農業の振興、地方活性化、いま、一番、求められていることですね。

 「神を敬う心」や「天皇を尊敬する心」というのも大切だと思います。

☆==================
 我々はこの理念の普及によって、政治的な左派と右派のねじれの解消を目指しております。
==================☆

 どういうことでしょうか??

 それは、、、

 ☆==================
 「ねじれ」というのは、具体的には左派は環境には熱心だが、「反神道」「反天皇」という点に関して政治的宗教的な「緑の破壊」に血道を上げ、
==================☆

 そうですね、左翼の人間は、環境問題には熱心ですが、神道や天皇に関しては否定的です。

☆==================
 一方で逆に右派は、「敬神」「尊皇」という点に関しては緑の保守に執心しているが、左派への反撥も与って、環境保護その他への関与に批判的である、といった状況のことです。
==================☆

 左派とは逆に、神道や天皇には熱心なのですが、環境保護という観点を疎かにしています。

☆==================
 数ヶ月前、この先二十年ほど地球は寒冷化に向かうということに、科学者たちが合意に達したという報道に接しましたが、ことほどさように、温暖化について、二酸化炭素犯人説をめぐる科学者の動揺は明らかです。
==================☆

 あれ、温暖化じゃなくて寒冷化に向かうんですか。

☆==================
 しかし、陰謀論を振りまき、このままでは日本は二酸化炭素の排出量取引きで金をむしりとられるといったところで、ーーー「温暖化を止めよ」という流れは止められるはずはないですし、
==================☆

 温暖化問題は、すでに既成の事実として世界共通の問題となっていますからね。

☆==================
 アメリカが削減の枠組みに復帰した以上、日本が一人で脱退することは絶対に不可能であるということもまた万人が認めるところでしょう。
 とすれば、この流れに乗るしか選択肢はないのではないでしょうか。
==================☆

 世界の大国であるアメリカが参加しているのに、まさか同盟国の日本が参加しないわけにはいかないでしょう。

☆==================
 右派がまず矛盾を解消し、「緑の保守派」として左派にも矛盾の解消を迫ればよいのです。
==================☆

 神道や天皇に熱心なことに加えて、環境保護にも力を入れれば良いということですね。

☆==================
 実際、理念の普及とともに、先のねじれが一般の周知のものとなり、朝日新聞のような、環境に最も熱心な新聞が、尚も「反神道」「反天皇」を撤回、反省、謝罪しないなら、「人類の未来のために朝匪新聞を廃刊させ、ただちに二酸化炭素を80%削減しよう」と訴えることも可能なのです。
==================☆

 判りますか?

 環境保護に熱心ならば、神道や天皇にも熱心でないと矛盾していることになるのですね。

 この矛盾点を指摘して、環境保護のために、矛盾している朝日新聞を廃刊(過激かな)にして、二酸化炭素を削減しましょうという主張が可能になるということです。

☆==================
 強調しておきますが、そのためにはまず、一人でも多くの人が右翼でも保守派でもなく「正統派」緑の保守派として、自ら緑の保守の実践を陶冶する必要があるのです。
==================☆

 ここが重要なのですが、このねじれ現象の解消を実現するためには、矛盾している右翼や保守が、「正当派」である緑の保守派に脱皮して、自らが緑の保守を実践して身につけることが必要になるのです(左派は、とりあえず、脇に置いておきます)

http://www.melma.com/backnumber_43159_4523311/
==================☆

 ということで、緑の保守派が目指すものを理解していただけましたでしょうか。


かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

 山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、
バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像
安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑

 


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM