スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「慰安婦」について、ちゃんと考えてみよう 【99号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。

 『緑の保守』が流行語になれば日本がよくなる、と思う人は一票を!

 さて、今回は、いわゆる「慰安婦」強制連行の是非について論じてみようと思います。

 私が愛読しているメールマガジンをテキストとして使います。

☆==================
 そもそも「強制」という意味の取り方が全く違っていますから、どうも話がチ
グハグになってしまうように感じます。慰安婦と呼ばれた方々が、全て騙され
てとか、無理矢理といえる根拠はありません。
自分の意志ではなかった、断れなかったから強制だというのは短絡的です。
==================☆

 まずは、「強制」という言葉から、しっかと問い直す必要があるということですね。

☆==================
私たちサラリーマンでも、嫌な仕事もありますし、嫌な接待もあります。自分
の意志ではないことをしなければならないこともあります。断れないこともあ
ります。しかし、それを普通の人は「強制」とは言いません。
==================☆

 そんな人はいないでしょうね。

☆==================
もちろん、我々の仕事と彼女らの仕事を同列にできるものではないでしょうが
自分の意に反しているから直ちにそれを「強制」とは言えるものでしょうか。
==================☆

 ここが重要です。


☆==================
繰り返しになりますが「従軍慰安婦」で問題とされているのは、慰安婦の存在
そのものが犯罪だとしているのではなく、虚偽・甘言を弄したり、誘拐・拉致
まがいの形で一般女性を戦地に連れて行き、性奴隷にしたことが犯罪であると
しているのです。
==================☆

 本当にそうなのでしょうか。

☆==================
けっして慰安婦になったこと、されたことだけをもって犯罪だといっている訳
ではありません。アメリカの批判派も、慰安婦そのものを犯罪といっている訳
ではありません。
==================☆

 はい。

 なぜならば、、、



かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

==================☆
 彼らだって、ベトナムや韓国でいろいろやっている訳ですし、だいたいネバダ
の一部都市や、ロードアイランド州では今でも売春が合法とされている国です
から、慰安婦がいるから犯罪だなんて言えるはずもないです。
==================☆

 そうなんですよね。

☆==================
司令部将校の命令で慰安婦を戦地に連れて行ったこと、それ自体は許されるべ
きことではありませんが、それが国家として認められていたのか、当たり前の
ことだったのか、全ての司令部将校が同じことをしていたのか。
==================☆

 どちらなのかで、大きく違いますよね。

☆==================
だったら、軍として認められていたことに何故一般将兵が文句を言うのか。当
たり前の事ではなく、由々しきことだったからこそ兵隊はその将校を蔑み文句
を言っていたのではないでしょうか。
==================☆

 そう見るのが妥当でしょう。

☆==================
そして問題は何かというと、そこにいた女性は、自分の意志に反して無理矢理
連れてこられたものか、言われているような誘拐・拉致のような形で強制され
たものか、そこを見なければならないはずです。
==================☆

 ここに全ての問題があるはず何ですけどね。

☆==================
東南アジアにおける慰安所にいた女性全てが、そのような形で連れてこられた
のかどうか、そこを明らかにすべきなのではないでしょうか。
==================☆

 はい、そうです。

☆==================
一部の不埒な将校や、不良兵士も当然いたでしょう。彼らの行為が国の意志と
して行われたことだったのなら、従軍であろうがなかろうが罰せられるべきこ
とです。実際に、日本軍の軍法会議で処分された兵士の記録も多々あります。
==================☆

 ちゃんと罰せられているんですよ。

☆==================
インドネシアのオランダ人女性については、日本側でも罰せられ、さらに戦後
のオランダによる戦争犯罪裁判では、首謀者の少佐は死刑、関係者11名は2
0年から2年の禁固刑にされています。
==================☆
 
 厳しく罰せられていますね。

☆==================
このほかにも、日本兵が強奪、婦女子への乱暴狼藉などで、日本の軍法会議で
処分された記録も残っています。このような軍法会議(軍事法廷)で犯罪を裁い
ておきながら、一方で軍命令として拉致や誘拐まがいのことをして慰安婦を連
行していたなどとは、まるで矛盾する話です。
==================☆

 全く、その通りですね。

☆==================
ーーーこうしてひとつひとつ見ていくと、いわれているような従軍慰安婦につ
いて数々の疑問がわいてきます。
==================☆

 疑問だらけですよね。

☆==================
「日本人慰安婦は司令部将校専用です」という話もありましたが、これも正確
な言い方ではありません。
==================☆

 ほう。

☆==================
林博史著「マレー半島の日本軍慰安所」「シンガポールの日本軍慰安所」防衛
庁研究所図書館「陸軍省業務日誌摘録」「富集団司令部第二十五軍情報記録」
などには「従軍慰安婦」が事実と考えていらっしゃる方々には涙が出るほど嬉
しい記述に溢れていますが、

それでも良く読んでみると、国家としての行動とは断定できないものでありま
すし、さらに一般兵の相手は現地の女性ばかりでなく日本人も多くいたことが
記されています。さらに、将校専門の相手が中国人だったりと、必ずしも日本
人慰安婦は将校専門とはいえません。
==================☆

 なるほど。

☆==================
相手がどこの国籍かというのはこの問題とは全く関係ありません。

宣伝・広告で「売春」と謳っていないから虚偽だというのも、表面だけしか見
ていません。そもそも表立って「売春」という言葉を使っていたわけではあり
ません、が、しかし、

「色町」といえば何をするところか、酌婦といえば何を含む商売だったのか、
さらに女給といえば水商売で、春を売ることもありえるというのが理解されて
いました。だから一般的に蔑まれていた職業であったのです。
==================☆

 そういうことですか。

☆==================
売春といわなくても「ソープランド」といったら何をするところか判るでしょ
う。ソープランド嬢の募集には「フロアレディ募集」と記載されているケース
が多いです。これが虚偽で強制とはいえません。
==================☆

 まあ、そんなことをいう人はいないでしょうね。

☆==================
アメリカも同様で、軍に関わるリクリエーション施設、といったら、どんなも
のがあるかいわずもがなでした。ベトナム戦争時にもリクリエーション施設が
多く存在していましたが、それは日本でいうところの遊郭と同じ意味であった
ことを了解していたのです。
==================☆

 まあ、どこの国でもある話でしょうね。

☆==================
戦後のRAAも女給という言葉での募集でしたが、面接時に具体的な仕事内容
を聞いてやめて帰った女性も多かったとされています。仕事の内容を知った上
で、約1300人もの女性が受け入れたこと、

こういうことを調べもせずに、慰安婦と従軍慰安婦を同列にして、さらに沖縄
まで持ち出して、あれも強制、これも強制というのは屁理屈であって、議論・
反論といえる次元のものではないでしょう。

「アジアの街角から」、http://www.melma.com/backnumber_43159_4623554/
==================☆

 議論にも反論にもなっていない、お粗末な話ですね。

P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。 高市早苗庵やまぎわ大志郎はまっしぐら総理を目指すぞ新人議員の山内康一ゆかりちゃん奮闘記も開設しています。


信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
    コメント
    ジョーイさん、ありがとうございました!

    ウチのほうでも紹介させていただきます。
    >OJINさん

     わざわざありがとう御座いますw

     たいした内容でもないですけどね(^^ゝ
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Recommend

    Calendar

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    New Entries

    Categories

    Archives

    タグふれんず

    カエラティッカー

    カウンター

    Recent Comment

    Recent Trackback

    Links

    Profile

    search this site.

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM