スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夫婦別姓ってどうなのさ 【100号】




(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。


 さて、今回は記念すべきブログ100号となりますが、それにふさわしく、選挙前には何も言っていなかったのに、選挙が終わったとたんに民主党が言い出している夫婦別姓の是非について論じてみようと思います。

 

 私が愛読しているブログを参照しながら話を進めていきたいと思います。

 

☆==================

新政権で話題になっている「選択的夫婦別姓」について、他のブログでコメントしたり、ついったーで呟いたりしてきたので、私の基本的態度は表明した気になっていましたが、改めで振り返ると、この問題について最近ブログエントリに上げていなかったようなので、記しておきます。

==================☆

 

 この辺りは、一応は私の「専門」とさせていただいている領域なので、肩に力が入っています(鼻息が荒い)

 

☆==================

■夫婦別姓推進論への反論として

 

1°男性の姓に統一しなければいけないなんて、男尊女卑だ

 

いいえ、そんなことはありません。現行法では女性の姓に統一してもいいのです。

==================☆

 

 我が家では、母親の姓を名乗っていました(父親の実家が「N村」とありきたりだったという理由だけですw)。

 

☆==================

2°結婚したい人がいるけど、彼が私の姓になってくれない

 

だったら結婚しなければいいでしょう。一族の事情でどうしても自分の姓を捨てられないのなら、自分の姓になってくれる人を捜すべきです。そんな肝心なことで合意できない人と結婚したいというのは、家庭を営むことをなめているとしか思えません。

==================☆

 

 全く同感です。

 

 西部邁さんも、夫婦で別の姓を名乗っている夫婦は、信用することが出来ないと言っていますね(通称は別です)

 

☆==================

3°夫婦が自分の実家の姓を名乗れることが男女同権につながる

 

これはどうでしょう?逆に、嫁をもらっても自分の姓を名乗ることを許さず、できた子供はすべて俺のものでお前の子ではない、お前は我が家の子どもを産む機械に過ぎないのだ、というような酷い扱いにならない保証があるでしょうか?全く逆に種馬扱いされる夫が出たらどうしますか?

==================☆

 

 お隣の韓国では、夫婦別姓ですが(儒教の影響)、男尊女卑が本当にヒドイという話です(妻への暴力など当たり前とか)←日本のフェミニスト共よ、日本国内のDV(ドメスティック・ヴァイオレンス)には熱心だが、お隣の国のDVには無関心なのか?

 

 鬼嫁が蔓延っている日本では、すでに憂慮すべき現象が起きている可能性が高いと思います。

 

 余談になりますが、井沢元彦さんの本で読んだのですが、日本には「言霊信仰」というものがあり、本名を呼ばれることを忌み嫌っていたそうですね、写真を撮ると魂が取られるみたいな感覚でしょうか。

 

☆==================

4°結婚後も職場などで旧姓を貫きたいし、免許証などが違う姓なのは面倒

 

はい、どうぞ選択別夫婦別姓を利用してください。私はそういう人を尊敬しないし、内心で軽蔑し続けます。むしろ、そういう人が一見してわかる、いい制度かも知れません。

==================☆

 

 仕事上の不便があるのならば、通称を使えばいいだけですね(安室奈美恵ちゃんは旦那の姓になりましたが、そのままですよね、離婚しちゃったけど)

 

 通称の使用に理解がない社長もいるそうですが、それは行政が指導していけばいいというのが高市早苗さんの提案です。

 

 免許証は論外ですね。

 

 だったら免許を取るなの一言で終わりです。

 

 余談ですが、結婚された高市早苗さんも、姓を山本に変えていますが、通称の高市を使っています。

 

 郵政選挙後の初登院の日に、あるテレビ番組のインタビューで、しっかりと「山本早苗」と記された結婚証書(?)を掲げていました。

 

 スタジオにいたミズポ現大臣に、「高市さーん、夫婦別姓に賛成しましょうよー」と問いかけられて、すかさず取った行動でした。

 

 それに対してミズポちゃんは、「えー、なにそれー」とか、答えになっていない言葉を発していましたね。

 さらに、、、


かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

☆==================

■選択別夫婦別姓にヒステリックに反対する人への反論

 

1°家族の崩壊につながる

 

崩壊する家族は放っておいても崩壊するでしょう。夫婦別姓を申請することで崩壊するような家族は、制度があろうとなかろうと崩壊します。そんな家族は、崩壊すればいいのです。

==================☆

 

  崩壊しないまでも、家族の結びつきが弱まる家庭が増える可能性はあるかもしれません。

 

☆==================

2°いやいや、まともな家族まで浸食される

 

それは、親による教育力を過小評価しています。まともな家族がおかしな家族に悪影響をうけてダメになるなら、所詮その程度だったということです。

==================☆

 

 家族崩壊だとか言われ続けて早幾年になりますが、健全な家族は健在ですね、モーニング娘。の元メンバーも、幸せな家庭を築いております(^^

 

☆==================

3°日本の伝統が破壊される

 

その昔、日本では妾とか側室がいました。彼女達は「旦那」の姓を名乗ることを許されませんでした。側室は旧姓で「○○氏」と呼ばれていましたね。彼女達の身分は使用人だったと思います。夫婦別姓はある意味日本の伝統であり、これは儒教国の支那や朝鮮でも普通に行なわれていたはずです。ちなみに、それらの国では徹底した男尊女卑でした。

 

※この点はRAMさんのコメントのほうが詳しいので、そちらを参照してください。

==================☆

 

 このRAMさんのコメントは勉強になりました(^^ゝ

 

 この話とは別として、伝統的な良き家庭が破壊されるということを意味しているのかもしれません。

 

☆==================

4°行政経費が馬鹿にならない

 

これはその通りだと思います。健康保険や住民登録、年金第3号被保険者などなど、いろんなところで夫婦別姓を実現するための行政経費がかかるでしょう。

 

ですから、ここは受益者負担で「夫婦別姓を利用する人には一律5000円を払ってもらう」とすればいいのではないでしょうか?携帯電話の番号ポータビリティと同じ発想でいいと思います。

  

http://nerituti.iza.ne.jp/blog/entry/1276448/

==================☆

 

 行政経費もそうなのでしょうが、保険のおばちゃんが困っていると高市さんが語っていました。

 

 ろくな家庭を築かないわけですから、夫婦別姓を選択する夫婦は、社会的負担の経費も払ってもらいたいものですね。

 ブログ主催者の、こんなコメントがありましたが、私の見解を示しておきます。

☆==================

 でも別姓を選びたい人に同姓を強制しなくてもいいと思うようになりました。人の考えなんて変えることはできないし、そういう人だとわかる方が楽かも知れません。

==================☆

 私は、絶対的に反対の立場にいます。
 
 人の考えは自由ですが、そのために、周囲の人間が迷惑を被るかもしれない可能性があるかもしれないからです。
 
 社会の中に、変な家庭が存在すること自体が迷惑であると思うのですね。
 
 それを許さないためにも、夫婦別姓推進派には断固反対したいと思っています。
 
 社会という共同体を成り立たせるためには、そういう強制というか制約も必要ではないかと考えています。


P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。 高市早苗庵やまぎわ大志郎はまっしぐら総理を目指すぞ新人議員の山内康一ゆかりちゃん奮闘記も開設しています。


信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 9月4日の産経新聞5面には高崎経済大学教授の八木秀次氏とIT企業サイボウズ社長
  • 国民戦線遊撃隊:柳生大佐のblog
  • 2009/10/19 12:27 PM

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM