スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

これが「小沢流」ということなのか 【101号】

JUGEMテーマ:民主党
 




(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。


 さて、今回は、民主党のことについて語ってみようと思います。

 テキストは、私と同い年で、みんなの党に移籍した山内康一さんのブログエントリーです。

☆==================

国会改革と民主党の空気


私は自民党時代から国会審議の活性化、効率化、透明化など、

国会の改革を主張してきました。

中央公論の2008年3月号では自民と民主の7名の有志議員で、
「機能不全の国会を改革する八つの方策」という提言を出し、
国会改革の具体策についても議論してきました。
==================☆

 ちゃんと汗を流してきたのですよね、口先だけではありません。

==================
 民主党政権になって小沢幹事長主導で国会改革の機運が高まり、
いろんな改革(?)の案が漏れ伝わってきます。

民主党から聞こえてくる「国会改革」の案には賛同できるもの、
賛同できないもの、いろいろとあります。

==================☆

 

 どんなことでしょうか。

 

☆==================

まず「官僚答弁禁止」に関しては、原則として賛成です。
法案の細部は見ていないので明言はできませんが、
いくつかの例外条項を設けつつ、官僚答弁を禁止して、
政治家同士の政策論争を活性化するのには賛成です。

==================☆

 

 なるほど。

 

☆==================

逆に、与党議員の議員立法の制限については大反対です。
政府(内閣)とは異なる視点から与党議員が自ら法案をつくり、
議員立法の形で国会に提出することは、与野党を問わず必要です。
また与野党の壁を超えて超党派で法案をつくるといったことも、
これからは重要になっていくと思います。

==================☆

 

 そうですよね。

 

☆==================

民主党政権では、原則として政府提出法案のみ、ということでは、
かえって官僚依存度が増加する可能性もあります。

==================☆

 

 そうですよね、政府の頼りは官僚しかなくなるわけですからね。

 

 さらには、、、



かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
 

☆==================

また、官房長官は「与党議員はあまり質問する必要はない」と言い、
民主党は首相に対して代表質問をしない方針のようです。

==================☆

 

 ほう。

 

☆==================

もし与党議員は質問しなくていい、という慣習になるのなら、
大臣や副大臣、政務官として政府に入っている与党議員以外は、
委員会や本会議で採決時に立ったり座ったりするだけの員数要員となり、
与党のヒラ議員や新人議員の発言権はまったくなくなります。
単なる「数あわせ議員」が140人以上も存在することになります。

民主党のヒラ議員や新人議員は、国会でろくに仕事をさせてもらえないので、
ひたすら地元選挙区で選挙対策をやるだけの「選挙対策要員」になり、
とても「国会議員」とは言えません。

==================☆

 

 当然、そうなってしまうのは目に見えていますよね。

 

☆==================

イギリスのことわざに「政治屋(politician)は次の選挙のことを考え、
政治家(statesman)は次の世代のことを考える」というのがありますが、
党をあげて組織的に「政治屋」を育てるのが、いいことなのか疑問です。

==================☆

 

 大いに疑問に思うところですね。

 

☆==================

民主党の小沢幹事長は「党内の活発な議論」といったものを
あまり重視していないのかもしれません。
何となく「ヒラ議員や若手議員は黙って党幹部の言いつけを守って、
ひたすら地元で選挙活動をしていろ」といった空気が、
民主党の中にあるように思えてなりません。

==================☆

 

 そう思われても仕方ないですよね。

 

☆==================

少なくとも自民党には、執行部や総裁の批判も許される寛容さがあり、
党内の活発な議論を望ましいもの、と見なす空気がありました。

==================☆

 

 散々、民主党が批判してきた自民党ですが、少なくとも開かれた議論は行われている健全性はありました。

 

☆==================
国会での活発な議論の前提は、党内での活発な議論だと思います。
国会改革にあたっては、与野党を問わず、国会議員が自由に活動し、
自由にものを言える環境整備が大事だと思います。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-91f1.html
==================☆

 

 そうでなければ意味がないですよね、政治の死を招くような事態は避けてもらいたいものです。



P.S.

 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーをクリックして下さい♪

 それと、この画像アロハロ!安倍なつみ写真集をクリックすると私の真面目な日記ブログも見られますw
 こちらの画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。 高市早苗庵やまぎわ大志郎はまっしぐら総理を目指すぞ新人議員の山内康一ゆかりちゃん奮闘記も開設しています。


信念を持って万民の幸福を考えている真の政治家、城内みのるを応援して下さい↑↑
城内みのるオフィシャルサイト

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM