スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんな裏話があったそうです 【128号】




(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。名のる名のらぬ人の自由」。


 さて、ワンセグで見ていた国会中継、なげーよ。

 まだやるのかってカンジだった(++)。

 民主、ツッコミどころが多すぎるからだよな。

 総理の答弁も冗長だし、小泉さんのワンフレーズが懐かしい^^;

 今日の自民の質問は良かったですね。

 自民党の柴山さん、なかなか鋭い質問をいていましたね。

 鳩山総理の献金疑惑の核心をついていたと思います。

 次に、まだ代議士1年生(当選して2ヶ月)の斉藤健さん、なかなか立派な態度ですね、堂々としています。

 総理はたじたじとなっていましたね。

 さて、その自民ですが、こんなコトしているから没落したのですね。

☆==================
山本一太大臣を阻んだ人物

今から2年半前。 「松岡利勝農水大臣」が「非業の死」を遂げた。 たしか、松岡大臣が亡くなった翌々日の夕方だったと思う。 参議院本館の廊下で携帯電話が鳴った。 安倍総理(当時)の首相秘書官からだった。 こんな会話を交わしたのを憶えている。
==================☆

 ほう、どんなことでしょう。

☆==================
秘書官:「一太先生、つかぬことをうかがいますが、政治とおカネの問題は大丈夫ですか?」
山本 :「ええ、何も問題はありません!なんで、そんなこと聞くの?」
秘書官:「いや、一太先生は安倍応援団の代表格ですから、ね。何かあってもいけないと思って。特別な意味はありません!」

 松岡大臣の後任人事を決めねばならないこの微妙なタイミングで、首相秘書官から「身の回りに問題はないか?」と聞かれる。 考えられる答えはひとつしかない。 「安倍総理が後任の閣僚に山本一太の抜擢を検討している」ということだ。
==================☆

 それしかないでしょうね。

☆==================
 「うーむ。よりによって問題続きの農水大臣ポストか。(ため息)でも、仮に安倍総理から声がかかったら何でもやるしかない!」 様々な感情が頭を駆け巡って、その晩は眠れなかった。 結局、安倍首相からの電話はなかった。 正直言って、ホッとした。(笑) 間もなく、テレビ画面に「赤城徳彦農水大臣」のテロップが流れた。
==================☆

 あら、まあ。

☆==================
 後に(あるキッカケで)「次のような経緯」があったと判明した。 複数の「信頼出来るソース」からの情報だ。 100%、事実だと思う。
==================☆

 さて、どんなことがあったかというと、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
☆==================
 『安倍総理は(いったん)「山本一太を閣僚に起用する」と決めた。さあ、本人に連絡しようという段になって「一応、参院自民党の了解を取っておこう」と思った。青木幹雄氏(当時の参院議員会長)に電話をしたところ、『山本一太はダメだ!参院の秩序が壊れる!』と強硬に反対された。青木氏の意向を汲んで、安倍首相は『山本一太の抜擢』を断念した。」
==================☆

 へぇええ、そんなことがねぇ(゜O゜)

☆==================
 安倍総理(当時)が閣僚ポストを動かして、山本一太を(農水大臣ではなく)「環境大臣」にしようとしたという説もある。 噂によると、青木氏はもう一度安倍総理に電話をして来て、こう言ったらしい。 「さっきの話は山本一太君のためを思ってのことだ」と。 真偽のほどは分からないが、本当だとしたら「なんともご親切な配慮」(笑)だと思う。 安倍元首相は「あの時、青木さんに連絡しないで決めちゃえばよかったな!」と言ったとか言わないとか。(これは一太シンパの作り話かもしれない。(笑X2))
==================☆

 随分とリアリティのある作り話ですね(^皿^)

☆==================
 以前のブログにも書いた。 自分がやりたかったのは、安倍内閣の閣僚ではない! 総理官邸に入って「安倍首相を近くで支える」ことだった。 「次の参院選挙を乗り切れば、安倍内閣は長期政権になる。そうすれば首相補佐官(?)として、世耕氏や下村氏と一緒に総理をサポート出来るかもしれない。いや、そのチャンスは必ずやって来る。そのためにも次の参院選挙で生き残らないと!」 そう思っていた。 しかも、「あの時期に農水大臣をやる」ことには大きな政治的リスクがあった。(それでも安倍総理から頼まれていれば引き受けていた。当然のことだ。)
==================☆

 一太さんは、最も強力な安倍応援団だったのに閣僚にならないと宣言して、海外にまで出て行ってしまいました(それでも、直接に頼まれたら断れないですよね)

☆==================
 「大臣になるのを阻まれた」からと言って、青木幹雄氏には(個人的に)何の恨みも抱いていない。 その後の展開を考えれば、むしろ感謝すべきなのかもしれない。(笑) 加えて、あの当時の安倍総理に「参院の最高実力者を敵に回す」だけの余力は残っていなかった気もする。
==================☆

 うーん、余力がなかったのか、度胸がなかったのか、ですね(−へ−)

☆==================
 これもこのブログに何度か書いた。 前回の参院選挙で惨敗するまで、参院自民党は「青木議員会長&片山幹事長コンビ」にガッチリと掌握されていた。 その理由は、この2人が参院自民党の最大グループを仕切っていたからだけではない。 青木・片山コンビの「政治家としての力量」が図抜けていたのだ。
==================☆

 それはそうだったのでしょうけどねぇ。

☆==================
 が、しかし、自分がちょっぴり悔しかったのは、安倍首相(当時)が参院自民党に君臨する「青木幹雄氏」との対決で「最後まで譲歩を繰り返した」ことだ。 今回、明らかにした「大臣人事をめぐるやり取り」は象徴的だと思う。 2年前の暑い夏。 あの「逆風の参議院選挙」で安倍総理が参院自民党の権力者と真っ向から対峙し、「勝ち目のない候補者の差し替え」を断行していれば、参院で過半数を失うことはなかった。 そのことが悔やまれてならない! 
==================☆

 本当に残念ですね。

☆==================
 なになに? 山本一太を農水大臣にしておけば、赤城農相の「絆創膏事件」は起こらなかったんじゃないかって?! そうすれば、あと5議席は増えたはずだって?! それはないと思う、な。(笑X3)

http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2009-11-01
==================☆

 そんなまた、謙虚ですねww

 10議席ぐらいは取れていたんじゃないですか?(^^

 そういえば、自民党のM村さんが、河野太郎総裁誕生を阻むために、推薦人を辞退させる電話をしていたという話もありましたね。

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナークリックボタンにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 それと、この画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。 高市早苗庵やまぎわ大志郎はまっしぐら総理を目指すぞ山内康一ゆかりちゃん奮闘記も開設しています。


 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM