スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今度の参議院選挙の争点は何か 【152号】

(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。
 
 さて、まだ先の話だと思いますが、今度の参議院選挙について述べてみたい思います。

 自民党の異端児、河野太郎さんに語ってもらいましょう。

☆==================
参議院選挙の争点 2010年2月28日 21:33

参議院選挙の選対会議。
==================☆

 もう始まっているのですね。

☆==================
 今年の参議院選挙の争点は、この国に健全な二大政党政治を作り、政党や政治家が、国の未来のためを考えて議論できる国会を作れるかどうかだけだといってもいい。
==================☆

 ふむふむ。

☆==================
 そのためには、小沢一郎が右を向けといえば何時間でもじっと黙って右を向いているような今の民主党とその連立政権に衆参両院での過半数を与えないことが肝心だ。
==================☆

 うんうん、その通りですねぇ。

☆==================
 野党が参議院の過半数を握れば、予算と条約と首班指名以外は与野党で協議をしなければならなくなる。

 税制も法律なので、税についても参議院が必要だ。総選挙前にマニフェストで『無駄を削れば財源はあるんです』と嘘を言って、選挙が終われば子ども手当のために所得税の増税ですといういい加減なことはできなくなる。
==================☆

 なるほど。

☆==================
 つまり、小沢一郎が恣意的に野党を全く無視し、与党だけで国会をどんどん進め、自分の好きな結論だけを国会が出すということはできなくなる。

(民主党の国会運営の横暴さは、自民党の審議拒否の影に隠れているが、これもかなりひどい。みんなの党の国対委員長である山内康一代議士のブログにその現実が書かれている。
『自民の審議拒否の終わり』 http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1973.html
『国会は今日も荒れ模様』 http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-5f65.html
==================☆

 自民党は、オープンな場で強硬手段を使っていましたが、民主党は、密室で閉ざされた場、つまりは国民から見えないようにして強硬手段を行使しているようです、陰湿だし悪巧みが上手ですね。

☆==================
 参議院選挙で与党に過半数を与えないというのが第一の条件だが、もう一つ条件がある。
==================☆

 ほう、なんでしょうか。

 それはですね、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

☆==================
 自民党が人心を一新し、審議拒否をせず、政治とカネの問題に固執せず、政策議論をきちんと展開していくことだ。
==================☆

 ここが肝心なんですよね!!

☆==================
 長崎県知事選挙の後の審議拒否は全く馬鹿げたスタンドプレーだ。しかも党内の多数は審議拒否に反対なのに、強引に審議拒否を始めた責任者の処分は避けて通れないだろう。月曜日の朝七時の役員会は、谷垣総裁が欠席戦術を承認したというお墨付きを与えることになってしまった。総裁の人心一新の決断が求められる。
==================☆

 全くの大失態だったみたいですね、谷垣総裁には大いに反省してもらいたいと思います。

☆==================
 政治とカネの話は、国会の外でゆるまずにやればよい。国会の中ではあくまでも政策議論をするべきだ。
==================☆

 政治ですからね、金の話ではなく政策の話が中心にならなくていけないでしょう。

☆==================
 なぜ、今、所得制限のない子ども手当なのか、農家の赤字補填という名目でばらまきをやれば農地の集約のコストは上がり、儲かる農家が生まれなくなる。普天間の問題も締め切り間近だ。
==================☆

 民主党を追いつめる争点は色々あるんですよね、なのに追いつめられていない。

☆==================
 なんだ、自民党は昔の人が昔の野党と同じことをやっているというのが今の評価だ。
==================☆

 当然、そう思われても仕方ないでしょう。

☆==================
 そうではない、自民党は新しく、人も変わり、明日の日本を任せられる政策を議論できる政党だということを示さなくてはならない。

 だから参議院を自民党等の野党に任せようと国民に思っていただけるのだ。
==================☆

 ここをしっかりと認識する必要がありますね、是非とも。

☆==================
 参議院選挙で国会をねじれさせ、小沢一郎の下でのねじれ国会と自民党の下でのねじれ国会は違う、今度は審議拒否や何でも否決ではなく、国民のために議論をして結果を出すねじれ国会だということをご理解いただく参議院選挙だ。

http://www.taro.org/2010/02/post-723.php
==================☆

 こういう、建設的なねじれ国会で、建設的な議論が行われることを望みます。

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナークリックボタンにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
社民党の福島瑞穂が普天間基地のグアムへの移転を主張しているのは日本のためとは考えられない。
福島瑞穂が決して語ることのない真の意図は、祖国・北朝鮮から遠くへ米軍を移し、抑止力及び祖国への軍事的な脅威を無くすことである。
北朝鮮とグアムの距離は、普天間との距離の2倍以上ある。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
>隠された意図様

 コメントありがとう御座います(^^vv

 福島大臣ですか、あまり深い考えはないのではないですか。

 精神的に問題があるかもしれません。
 久しぶりです。

 民主党にも保守派はいたはずですが、土屋氏が追放されて以来後に続く議員がいないことを考えると・・・

 平沼氏、土屋氏、田母神氏を中心に新たな勢力を築いて自民党も民主党も死んでもらった方がよいのかも。
  • ペイン
  • 2010/03/03 1:48 PM
>ペイン様

 お久しぶりです(^^

 真性保守派だけでは勢力が足りないと思うので、穏やかな保守派であるみんなの党とも連携して、新しい勢力を作って政界再編が起こることを願います。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM