スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

政局ではなく「政策」で見たみんなの党 【173号】

JUGEMテーマ:山内康一さん

(お手数ですが、まずは、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。
 
 さて、「政局」つまりは政治勢力としての党としては、みんなの党は第3極であるといえるでしょう。

 しかし、選挙で選ぶ時の基準は数ではなく質、つまりは「政策」であるはずです。

 その「政策」で見た場合、みんなの党は第何極になるのでしょうか。

 みんなの党の山内康一国会対策委員長は、以下のような分析をしています。

☆==================
みんなの党は第2極

マスコミ報道でみんなの党を指して「第3極」と言われることがあります。
これとは別の見方をすべきだと私は考えています。
==================☆

 どんな見方でしょうか。

☆==================
麻生政権以後の自民党は、かつてのバラマキ路線に戻り、官僚機構と手を握り、
大きな政府、規制強化路線へ舵を切りました(私が離党した理由でもあります)。
==================☆

 小泉改革と全く逆の方向に走りましたね。

☆==================
民主党はもともと公務員労組や旧社会党の勢力も強く、真ん中よりも左より、
大きな政府へと向かうのは、最初からわかりきったことです。

共産党や社民党といった社会主義政党が、大きな政府志向なのは説明不要です。
==================☆

 ここは読めば判るでしょう。

☆==================
そう考えると、脱官僚や地域主権型道州制を掲げ、バラマキに反対なのは、
いまやみんなの党だけになってしまいました。
==================☆

 そうなりますね。

☆==================
理念や政策の軸で見れば、実のところ2極対立、2項対立の構図になっています。
つまりは「みんなの党」VS「その他全政党(民主、自民他)」という図式です。

【大きな政府派、バラマキ派、配分重視】VS【小さな政府派、反バラマキ、成長重視】
(民主、自民、公明、共産、社民、国民新)  (みんなの党)

議席数(あるいは政党支持率)で見れば、みんなの党は「第3極」と言えます。
しかし、理念と政策の軸で見れば、みんなの党は「第2極」だと思います。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-786b.html
==================☆

 さて皆さん、政局で選びますか、それとも、政策で選びますか??

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 重税国家の『大きな政府』は嫌ですが「小さな政府」「経済至上主義」をやり過ぎてアメリカの経済は駄目になったのですから。さらに、「成長」というものはいつまでもするものなのか?
 人間が作ったものですから、いずれ「成長」はストップするのかもしれません。
 資本主義に西欧や日本が持つような「知恵」を組み合わせた方が長期間にわたり安定した経済になるのではないか。
 ま、未成年の素人が考える浅知恵か・・・
  • ペイン
  • 2010/03/30 11:27 PM
>ペイン様

 返事が遅くなりました、コメントありがとう御座います(´_ゝ`)ノ

 みんなの党が主張する「小さい政府」は、「弱者」を救済することも目指しています。

 アメリカ型とは違うと思いますよ。

 「成長」がないと、「弱者」を救済する手段もなくなってしまうかと。

 経済学の巨人、シュンペーターによれば、「新しい結びつき」によって新たに経済は成長するとなっています(少し違うかも)。

 なるべく規制をなくして、自由な経済活動が出来るようにすれば、市場が健全に働いて、「成長」が生み出されるのではないでしょうか。

 今の日本が経済不況なのは、規制が多すぎて市場が健全に働いていないことが一番の問題ではないかと思います。

 この「健全に」というのが大切で、もちろん市場原理主義とは違います、市場も失敗があることは承知しております。

 私も素人に毛が生えた程度にしか経済を知りませんが、日本には日本に合った資本主義があると思います。

 アメリカにはアメリカ型、西洋には西洋型の資本主義があるのでしょう、支那にもあるのか??
>みんなの党が主張する「小さい政府」は、「弱者」を救済することも目指しています。

 できれば中小企業を助けるシステムは準備して欲しいです。地方の商店街は小泉改革のために壊滅状態です(ただでさえ寂れていたのに)。

 「健全に」というのは「日本人のモラルによって制御されている状態」と解釈してかまいませんか?
>支那にもあるのか??

 あの国は資本主義とか社会主義以前の問題でしょう(笑)。アメリカ以上にモラルがない。

 ところで、平沼氏が動きましたね。今月上旬には新党結成するらしいですが・・・国民に信頼されている先生が誰一人いない。
  • ペイン
  • 2010/04/04 10:17 AM
>ペイン様
 
 コメント、ありがとう御座います(´_ゝ`)ノ

> できれば中小企業を助けるシステムは準備して欲しい

 そういう意見も、もちろん汲み取ってくれるでしょう。

 私の最寄り駅も、商店街が軒並み看板を下ろしていますね(-ε- )

> 「健全に」というのは「日本人のモラルによって制御されている状態」と解釈して

 市場に自浄能力があると思うんですよね。

 モラルに反するような商売は、結局、自然淘汰されるのではないかと思います。

> アメリカ以上にモラルがない。

 上海の成長とか、地域的には侮れない相手になりつつもあるかと。

> ところで、平沼氏が動きましたね。

 なぜ、この時期に、また、何のために、というのが見えないですよね(−−)?
>上海の成長とか、地域的には侮れない相手になりつつもあるかと

 確かに力を伸ばしつつありますが、ソ連もいざふたを開けてみると大した事はなかった。チャイナも同じ穴のムジナなのでは?

 また、日本のGDPを抜かしたと報道されていましたが、「確定値」が出るには数年かかるとのこと。しかも「失業率20%」という情報もある。

 第一、人口統計すらまともにできない国。さらにGDPに対する軍事費の割合を捏造している国がGDPを真面目に出すとは思えないのだが・・・
>なぜ、この時期に、また、何のために、というのが見えないですよね(−−)?

 田母神前航空幕僚長や土屋都議が「保守新党を作るべし」と演説していましたからその影響かもしれません。

 しかし、草の根保守といわれる方々の賛同が無いと厳しいでしょうね。

 長文失礼しました。
  • ペイン
  • 2010/04/04 5:39 PM
>ペイン様

 何度もコメント、ありがとう御座います(´_ゝ`)ノ

> チャイナも同じ穴のムジナなのでは?

 それだったら安心ですけどね。

 何しろ、得体の知れない地帯ですからねぇ(-”-)

> 田母神前航空幕僚長や土屋都議が「保守新党を作るべし」と演説
>していましたからその影響かもしれません。

 そんな動きがあったのですか(‥ゞ

> しかし、草の根保守といわれる方々の賛同が無いと厳しいでしょうね。

 うーん、どこまで勢力を広げられるかですねぇ(−−ゝ
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM