スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さて、リクエストに答えてみますか 【231号】

JUGEMテーマ:尖閣諸島問題

(お手数ですが、まずは、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。
 
 さて、以前のエントリーで、尖閣衝突問題にいちゃもんをつけている輩に反論すると宣言していましたが、ちょうど時期もいいかと思いますので、ここで始めることにします(お待たせしましたw)

 さて、件の相手は、どんな主張をしているのか見ていきながら、批判を加えていきましょう。

☆==================

高い知性を獲得した大衆が裏社会を殲滅する。
==================☆

 おやおや、随分と仰々しいタイトルですね。

☆==================
「知性」が根本から欠如した三流四流の人もどき絶滅危惧種のみなさんが未だに生息する一方で、わかる人にはここまでわかっているわけでして、裏社会も打つ手なく呻吟するのみと思います。社会の真の姿が端的に明確に指摘され、ごく普通に語られる今に生きていることを幸せに思います。地道な努力は決して無駄にはならないと確信します。みなさん、ありがとう。
==================☆

 最初から誹謗中傷の表現で始まっていますね。

 さて、いったい何がありがたいのでしょうか。

☆==================
「私は前にも書いたように尖閣諸島近海での巡視船と中国漁船の衝突は、ネオコン前原がアメリカ側から言われた通り漁船を挟み撃ちにして衝突させたと思っている。

船長をすぐ保釈したのも本当の事がばれない様にする為でビデオを非公開にしているのも、その為だ。
==================☆

 たくましい想像力ですね。

 それで、そのビデオ、ネットで流出していて、本物であることも証明されていますが、この事実に対してどのようなコメントをするのでしょうか(ちょっと楽しみw)

☆==================
この事件で中国側は強硬路線に出てきたのは、これを対日融和策を取ってきた現政権に対するゆさぶりに使っていると見る(いわゆる上海閥・太子党・軍部の攻勢)。

だから、中国側は早く矛(ほこ)を収めたいがネオコン前原や自民党の対米従属派が中国側を挑発している。
==================☆

 これも想像の域を出ませんねぇ、前原外相がネオコンであるとは、根拠のない決めつけですし、自民党の対米従属派というのも誰を差しているのか具体的に判りません。

☆==================
さらにカルト宗教右翼連中も、これに乗じて、反中デモを行うことで日中が結び付く事を妨害している。

特に統一教会という朝鮮宗教にとっては、日中韓を離間させることが北朝鮮とアメリカの双方のメリットになるので、その日本代理店として他のカルト宗教にもぐりこませている信者も含めて大量に動員をかけたのが2千何百人かの反中デモだと見る。
==================☆

 全く根拠のない推測に過ぎませんね。

 デモを実際に見ているのでしょうか。

 一般の大人から子供まで、特に主婦などの女性の姿が多かったと聞いていますけどね。

 すでにデモの人数は4千人を超えていますが、これがすべてカルト集団だと力説するのには無理があるのではないでしょうか(呼びかけ人は田母神元幕僚長だけど、彼は統一の信者なのですか??)

☆==================
すなわち検察や検察審査会を使って小沢一郎をはめ、一応棚上げになっていた尖閣問題を持ち出してきて反中感情を高め、中国側も反日感情を高めて日中友好路線を破壊する目的がある。

だから、上海閥らが中国側のデモも現政権を揺さぶるため(権力闘争)に行わせている。

日本側で今までにない人数が参加したと言うのは、これが世ごろ協にとっては最後の闘いなのであろう。

官房機密費をマスコミに配って小沢をはめたのも反中をあおる報道もその世ごろ協の仕業だ。
==================☆

 また陰謀説ですか。

 これも想像の域を出ないですよね。

 空想の話です。

 検察はちゃんと手続きを踏んで、不起訴という結論に至っているのではないですかね。

 検察と検察審査会とでは、見解が違っていますけど、これを同列に並べてもいいのでしょうか。

☆==================
ただ、日本経済にも影響が出てきているので企業の広告費に頼っているマスコミは、世に反中感情が生まれて効果があれば事態の収拾を図って企業に悪影響が出ないようには願っているだろうが、カルト宗教右翼はもっともっと日中関係を破壊してやろうと反中デモを繰り返しまた、在日中国人排除の排外主義を唱(とな)えている。
==================☆

 だから、反中デモがカルトであると、何を持って断言しているのでしょうか。

 拝外主義を唱えているのは一部の人間にすぎず、大多数は整然と中共政府を批判するデモをしているだけです。

☆==================
ネオコン前原を見ているとまだ反中工作は足らないようだ。マスコミは例えばTBSの場合、日本企業は10778社中国に進出しているとけん制はしているが、反中は、とまらないようだ。
==================☆

 「ネオコン前原」という勝手な造語、この造語が真実である根拠を示してもらいたいですね。

 TBSは、ずっと中共政府の擁護をしているではないですか、むしろ、国民の反中感情を抑えようとしていると思いますけどね。

 それでも反中感情が止まらないのは、国民が自然に抱いている感情だからじゃないでしょうか。

☆==================
もう少し反中をやって反日感情を高め“東アジア共同体構想”など一切議題にも上らないように、また世論の反発を呼ぶようにまでしたいのだろう。
==================☆

 いや、「アジア共同体構想」なんて、鳩の戯言ということで立ち消えたんじゃないんですか。

 未だに、鳩の戯言を支持しているですか。

 そこまでこだわる「アジア共同体構想」とは、具体的にどういうものなのか明示していただけますか。

☆==================
さらに中国脅威論を高めて日米安保強化、日米同盟の深化とやらを推し進めたいのだ。
==================☆

 中共に脅威を感じないのですかね、あの異常な軍事費の増加に違和感を持たないのでしょうか。

 日米関係がギクシャクしているからこそ、日本の外交が迷走しているのではないですか。

 ここでしっかりと日米安保を強化して、日米同盟を強化することで、日米関係を立て直す必要があると思いますけどね。

☆==================
これはアメリカにお金(税金)を貢ぐためでもある。アメリカにお金を貢ぐ事により見返りがあるのだ。

http://m.webry.info/at/richardkoshimizu/201010/article_35.htm;jsessionid=8C06956E1D47FABED6829B14051E4E96.1014bblog403?i=&p=&c=m&guid=on
==================☆

 アメリカに資金を提供するのは当然だと思いますけどね、アメリカに日本の安全を担保してもらっているのですからね。

 アメリカにお金を払うのがイヤなら、自前で軍事費を負担しなくてはいけなくなりますが、それが今の日本で可能なのでしょうか。
 
 とまあ、とりあえず批判してみましたが、なんかどれほどの意味がありましたかね(−−ゞ

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
 ↑山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.
 少しでも興味を持ってくれた方は、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recommend

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

New Entries

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM