スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

すわ橋下バッシングの再来か?(my日本日記から転載) 【280号】

JUGEMテーマ:my日本日記
  (お手数ですが、まずは、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。

 さて、
今朝の東京新聞(7/12)に不可解な記事が載っていました。

 

 「橋下市長の首相評価の真意は?」と題した記事です。

 

 冒頭の囲みでは以下のようになっています。

 

    =====

「首相はすごい」−。

 

 次期衆院選への動向が注目される「大阪維新の会」を率いる橋下大阪市長が突然、野田佳彦首相を持ち上げる発言をした。これまで民主党政権をたびたび批判してきた橋下氏変節とも取れる態度に、「ぶれた」という批判のほか、(ほめ殺し)「いつもの話題づくり」という見方も。発言の真意は。

(小坂井文彦)

=====☆

 

 これおかしいですよねー

 

 だって、橋下さん、市長に当選してテレビ出演した時に、「野田さんほどの優秀な人でも官僚に足を引っ張られて仕事ができない」という発言をしていたのを私はちゃんと聞いていましたもの。

 

 その時の発言は無視しておいて、今になって野田首相を評価していると言い出すのは明らかにおかしいですよねー

 

 別にぶれたわけではなく、橋下市長は一貫して野田首相を評価していたのであります。

 

 「民主党政権」への批判と、「野田首相個人」への評価は別だと思いますしね。

 

 それに、「ほめ殺し」「いつもの話題づくり」という“見方も”なんて、断定口調ではなくて、思わせぶりな言い方もいやらしい。

 

 発言の真意は。で結ばれているということは、真意は分かっていないってことじゃん。

 

 他の見出しにしても、「自分に合う政治家をふるいに」とか「新党小沢氏揺さぶり」とか、ただの憶測や推測だけのものをでかでかと載せている。

 

 これって明らかな印象操作じゃないのかな。

 

 記事の内容はというと、これも関係者への取材じゃなくて、色々な文化人の意見を継ぎ合わせたものに過ぎないお粗末なものです。

 

 これじゃあ、3流週刊誌の記事と変わりないじゃない。

 

 一応は「東京新聞」という、それなりの信用のあるマスコミが、こんな記事書いていいのですかねー

 

 よほど橋下市長のことが目障りでしょうがないのか東京新聞。

 

 どうしても一矢報いたいなら、もう少しましな記事を書け東京新聞よ。


かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

 山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.

 ツイッターをやっています→ryoma4351をフォローしましょう
 少しでも興味を持ってくれた方は、
バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像
安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM