スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

たかが共産党、されど共産党

JUGEMテーマ:共産党(日本共産党)

(お手数ですが、まずは、バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

緑のバナー 

『緑の保守』が地方を救う、日本を救う、世界を救う! 「あなたも私も緑の保守派。 名のる名のらぬ人の自由」。


 さて、前回の衆議院選挙は、自民党の見事と言うしかない解散のタイミングによって、結果は自民の大勝に終わりました。

 解散権は与党にあるのですから、どのタイミングで解散するかは与党は自由であり、自分が一番に勝てそうな時期を選んで解散するのは当然のことです。

 誰が自分が不利な時に解散などするでしょうか?

 野党の敗因は、いつ解散しても対応できるようにする準備を怠っていたことです。

 与党大勝の中で、唯一、議席を大幅に伸ばしたのが共産党でした。

 これは、いつも弱小政党として存続が危ぶまれているという危機感がある政党だったからこそ、突然の解散にも対応することが出来たことが勝因の1つだと思います。

 それで、選挙についての解説などは、これは十人十色で、いくらでも好きなことを言うことが出来るし、どの解説も、一面の事実を述べてはいるのでしょう。

 政治とは複雑なものですから、色々な側面が複雑に絡み合っていて、色々な立場から見た事実が、それぞれ真実の一部を語ってはいるけれど、全体像というのは、当事者である政治家にも分からないし、もちろん、総理大臣だって、すべてを把握しているわけでもありません。

 そんな政治のことを知ろうと思ったら、なるべく客観的な立場から、出来るだけ多くの情報を集めて判断するしかありません。

 ちなみに、私は、前回の選挙は、とりあえず日本を変えようと本気で頑張っている自民党を応援するしかないと思い、比例区も小選挙区も自民党に投票しようと思っていました。

 ただ、直前になって、今の強引なやり方を続ける自民党の政策では、色々なところに歪みが出るだろう、それに対処するためには、共産党に投票してバランスを取った方がいいと考えて、小選挙区は自民党の候補者に投票しましたが、比例区は共産党に投票しました。

 その投票行動が見事に功を奏して、自民党は大勝しましたし、共産党も大躍進をすることが出来たわけです。

 そして、選挙が終わった後に、比例区の南関東ブロックで当選した共産党の候補者が開いているHPを見てみました(要するに、投票する時は、どんな候補者かを知らなかったわけですが)


 そうすると、思った通りに、その候補者の掲げている政策については、どれもすべて反対だったのですが、まあ、絶対に賛成することは出来なかったのですが、この人の議員活動の成果というものが書かれていたので読んでみました。

 すると、どれも非常に細かいのですが、とても重要な案件を実現しておりました。

 共産党の主張は、とても極端すぎて、どれも同意することは出来ないと思っていましたが、これだけ極端な主張をする政党でないと、こういう細かい案件を実現することは出来ないのかもしれないと感じました。

 これからも、私は決して共産党を支持することはありませんが、その存在意義だけは認めてもいいのではないかと思います。

 
かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

 山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

P.S.

 ツイッターをやっています→ryoma4351をフォローしましょう
 少しでも興味を持ってくれた方は、
バーナーにほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へをクリックして下さい♪

 この画像
安倍なつみ写真集「Fu (ふう)」をクリックすると、私のくだけた日記ブログを見られます。

 なお、コメントは大歓迎しますので、軽い感想でも全くかまわないので、気軽に書き込んで下さい♪(モーニング娘。ネタもOK!)

 私としては、政治について熱く語るよりは、みんながどんな考えを持っているのかってことの方に関心があるのねw

 だって、そうじゃないと、どんな内容のブログを書けばいいのかも判らないじゃない?

 だから、政治に対する素朴な感想でもいいから、とにかくコメントしてくれると、とってもありがたいワケです!

 そして、みんなの意見を参考にして、このブログをもっと面白くしたいと思っているので、どしどし!ご意見をお寄せ下さい↑↑


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Recommend

    Calendar

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    New Entries

    Categories

    Archives

    タグふれんず

    カエラティッカー

    カウンター

    Recent Comment

    Recent Trackback

    Links

    Profile

    search this site.

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM