スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

総理を狙える人材 【82号】

JUGEMテーマ:政治家


(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、チャイコフスキーを聴きながら、優雅に活性水素水を飲みつつ書き込みしています♪

 さて、私がいつも取り上げている山内康一さん(同い年で地元神奈川選出)ですが、今回のエントリーには感銘を受けました。

☆==================
私が党首なら:日本を再設計

先週の党首討論については、このブログでも書きましたが、
ふと「自分が党首だったら何を言うか」を考えてみました。
==================☆

 ほう。

☆==================
首相と野党党首では立場が大きく異なりますが、第1回目なら、
私だったらどっちの立場でも、日本の未来像、ビジョンを語ります。
あまり細かい問題には踏み込みません。
==================☆

 なるほど。

☆=================
ひとことで言うと「日本の再設計」をテーマにします。
==================☆

 ほほう。

☆==================
設計図を書くにあたっての前提条件は、次の通りです。

1)人口減少(ただし、少子化対策で減少スピードを緩和)
2)環境、エネルギー、資源の制約
3)経済の安定成長(=急成長は期待できない)
==================☆

 こうなるでしょうね。

☆==================
人口も経済も拡大し続ける、という20世紀の前提を捨てます。
高度経済成長期の「量の拡大」の思想と決別します。
==================☆

 このような考え持たないといけないでしょうね。
 
☆==================
人口減少に転じた日本は「質の向上」を志向します。
森や山を崩し、田畑をつぶして都市が拡大する時代は終わりです。
==================☆

 この方向が正しいでしょうね。

☆==================
新しいインフラや箱モノをつくるのは、原則としてもうやめます。
よほど費用対効果の高いインフラ以外は、新規建設を禁じます。
==================☆

 そうじゃないとダメでしょうね。

 なぜならば、、、

☆==================
新しいインフラをつくれば、建設費で借金が増えるだけでは済みません、
それ以後ずっと維持管理費がかかります。建て替えも必要です。
未来の世代に二重のツケ(建設費+維持費)を残します。
==================☆

 こうなるからです。

☆==================
むしろ既存のインフラを大事に長持ちさせ、質の向上を図ります。
既存インフラのバリアフリー化、省エネ化、耐震化を重視します。
都市の拡大はやめて、都市の再整備や既存インフラの改良を行います。
==================☆

 妥当な線ではないでしょうか。

☆==================
都市部では「車がなくても快適に暮らせる街」を目指して、
コミュニティバスや路面電車(LRT)等の公共交通機関を充実し、
自転車や歩行者にやさしい道路づくりを行います。
==================☆

 そうしてもらいたいですね。

☆==================
環境と人間生活が調和した街づくりを目指し、
行政コストを下げ、エネルギー効率の向上を実現します。
地方の過疎地では「コンパクトシティ」化を進めます。
==================☆

 なかなかの発想ですね。

☆==================
以上の前提に立てば、補正予算の使い道も大きく変わります。
==================☆

 少なくとも、今の使い方よりも、遙かに良い方向に変わるでしょうね。

 さらなるアイデアとして、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
続きを読む >>

「地方主権」ってなんなのさ 【74号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、クラシックのブラックナー(知らない)を聴きながら、熱いコーヒーを入れて書き込みしています♪

 さて、何度もこのブログで取り上げていますが、私と年が同じで、地元である神奈川選出の国会議員、山内康一さんが、ブログで、民主党の「地方主権」について論じております。

☆==================
「地方主権」への疑問

民主党の人はよく「地方主権」という言い方をします。
どういう意味で「地方主権」と言っているのかわかりませんが、
なんとなく違和感を覚えます。
==================☆

 そうですね、私も違和感があります。

☆==================
私は「地方分権」には賛成ですが、
この「地方主権」には疑問があります。
==================☆

 どんな疑問でしょうか。

☆==================
「地方主権」型社会よりも「分権」型社会がよいと私は思います。
==================☆

 その理由は?

☆==================
「地方主権」だと、中央政府と地方政府の利害が対立した場合、
なんとなく地方政府の意思が通りそうなイメージがあります。
==================☆

 それはありますね。

☆==================
場合によっては、「地域エゴ」という問題もあり、
中央政府の意思を尊重すべきケースも多いと思います。
==================☆

 インフラ整備とかがありますよね。


 他の国では、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:政治家

時代の転換期 【68号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、チャイコフスキーを聴きながら、活性水素水を飲みつつ書き込みしています♪

 さて、私と同い年で、地元の神奈川県選出の国会議員である山内康一さんが、また、興味深い論考を書いていたので、以下に紹介します。

☆==================
説得<共感、対決<対話

 アメリカの大統領選挙を見ても、政治の流れは、ものすごく大雑把に言えば、
 【\眛世茲蠅盒Υ供曄抬対決よりも対話】を目指す時代が来ているように思います。
==================☆
 
 ほう、どのような時代なのでしょうか。

☆==================
 それなのに衆議院予算委員会の審議を見ていると、残念な気持ちになります。
 自民党も民主党もひたすら非難合戦に終始しているように見えます。
 建設的な批判ならともかく、感情的な非難の応酬のように見えます。
==================☆

 毎度、おなじみの風景ですね。

☆==================
 根っからの自民党支持者の中には、自民党幹部が民主党を批判するのを、こころよく思っていない人たちがたくさんいます。
 自民党は政権与党なんだから、心に余裕をもって「横綱相撲」をやってほしい、と思っている自民党支持者は少なくありません。
==================☆

 そうなんですか。

☆==================
 これまた大雑把に言えば、根っからの自民党支持者(特に女性)の多くは、現状におおむね満足していて、おだやかな人が多く、他者の批判を好みません。
 世の中に対して不平不満がいっぱいという自民党員はあまりいません。
==================☆

 へぇ、なるほどねぇ。

☆==================
 根っからの自民党支持者は、政治や社会がよくしたいと願っていても、革命のような過激な手段は望まず、対話とコンセンサスを通じて変革したい、
 そういう風に考えている人が多いのだと思います。
 失業の増加、公務員の天下り問題、地球温暖化、過疎化などの問題に対し、健全な危機感と問題意識を有している人が大半です。
==================☆

 なるほど、そうですか。
 
☆==================
 自民党支持者の多くは、町内会やライオンズクラブ、商店街、民生委員、NPO等、地域活動への参加を通じて地道に問題解決を図っていこう、というタイプが多いです。
 一部の政党の支持者のようにデモ行進とか、抗議の署名集めといったやり方を自民党支持者がやっているのは、あんまり見たことがありません。
==================☆

 そういえば、そうですね。

☆==================
 自民党の根っからの支持者ほど、対決よりも、対話を望んでいると思います。
==================☆
 
 なるほど。

 ただ、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:政治家



国会議員が世襲制なのは明らかにおかしい 【64号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、トライセラトップスのアルバム「FILM ABOUT BLUES」を聴きながら、活性水素水をぐいぐい飲みつつ書き込みしています♪

 さて、現在、にわかに、国会議員の世襲制限に焦点が当たっております。

 私のと同い年で、地元である神奈川県選出の国会議員、山内康一さんに意見を伺いましょう。

☆==================
世襲制限のバトル

 このところ国会議員の世襲制限をめぐる議論が盛んです。
==================☆
 
 そうですよね。

☆==================
 私は前々から世襲制限に賛成の立場を表明してきました。
==================☆

 ほう、さすがわ山内さん。

☆==================
 党内では菅選対副委員長が、世襲制限を提唱して、党内の大勢の大物議員からバッシングされています。
 私は菅選対副委員長を支持します。
==================☆

 はっきりと言い切りましたね。

☆==================
 世襲議員が百人を超える現状は異常と言えます。
==================☆

 全くです。

☆==================
 世襲議員の中にも優秀な議員はたくさんいますが、優秀な人なら親の七光がなくても活躍できると思います。
 親とは異なる選挙区から立候補すればいい話だと思います。
==================☆

 全く同感です。

 さらには、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:政治家



すごく深い話だなぁ 【61号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、東儀秀樹さんのアルバムを聴きながら、活性水素水を飲みつつかき込みしています♪

 さて、私と同い年で地元である神奈川選出の国家議員、山内康一さんが、非常に内容の深いブログを書いているので、以下に紹介してみます。

☆==================
理想と現実、理論と実践

 最近、大学生や高校生の前で話したり、講演する機会が多いです。
 学生に話をするときは、もちろん党派的な話はしません。
==================☆

 そんなことも多いのでしょうね、政治家は。

 だけど、誠実でなくてはいけませんよね。

☆==================
 自分が学生だった頃に、考えていたこと、夢や目標、留学体験、学生時代のNGOでのインターンやボランティア体験、学生時代にやってよかったこと、やらなくて後悔していること、社会に出てJICAやNGOで働いてみて感じたこと、そして政治の世界を志したきっかけ等を話しています。
==================☆

 身近で具体的な話をしているのですね。

☆==================
 えらそうに人様に説教できるほど、成熟していない自覚はあります。
 なるべく説教臭くならないように心掛けてはいます。
==================☆

 しっかりと自己を把握していますね。

☆==================
 学生に話をするときに、いつも強調しているのは、理想と現実のギャップとどうやって付き合っていくのか、理論と実践をどうやってバランスしていくか、という点です。
==================☆

 ほう、重要なテーマですね。

☆==================
 私も大学生のころは途上国援助の専門家にあこがれて、途上国の貧困問題、環境破壊、平和研究等を勉強しました。
 理想に燃えるまじめな学生、だったと思います。
 (過去を美化してしまっている可能性も大ですが。)
==================☆

 なるほど。

☆==================
 大学で講義を受けたり、本を読んだりして、理論を学んでも、何となく物足りなくて、もどかしさを感じました。
 それで大学3年生のときにフィリピンの大学に留学しました。
==================☆

 ほう、そうですか。

☆==================
 フィリピンの貧困や熱帯雨林の減少等を自分の目で見てみました。
 また現地で働くJICAやNGOの人たちに会って話をうかがいました。
 いまふり返ってみると、フィリピンで学んだ1年間は、日本の大学の3年間と同じくらい多くのことを学んだ気がします。
==================☆

 現場を見ることは、それだけの重みがあったのでしょうね。

☆==================
 大学で学ぶ理論と、現場で見て、聞いて、感じる実践の間には、大きな大きなギャップがあります。

 理論をまったく知らずに、現地にどっぷりつかってしまうと、全体像や歴史的経緯が見えなくなって視野狭窄に陥ってしまいます。

 逆に、現場を知らずに、理論だけを追いかけていると、役に立たない論文を書くだけの知的遊戯になってしまいます。

 バランスが大切だと思います。
 理想と現実、理論と実践。
==================☆

 はい、そうですね。

☆==================
  途上国援助の現場にいると、「国際協力」という美しい言葉より、「国際援助」という、どぎつい用語の方がふさわしく思えます。
 日本側にもフィリピン側にも、理想に燃えて働いている人たちがいます。
 日本側にもフィリピン側にも、あくまで飯のタネと割り切る人もいます。
 一番多いのは、その中間で、理想を持ちつつも、生活もかかっているので、あんまり無理はしないし、給料や生活環境も気にする人たちです。
==================☆

 まあ、そんなところでしょうね。

☆==================
 ずっとボランティアとして国際援助に関われるのは、幸運な人です。
 ずっとボランティアでいられるのは、お金を気にする必要がないか、清貧な暮らしに満足できる立派な人物なのでしょう。
 実際にそういう人はけっこういらっしゃって、心から尊敬します。

 しかし、大半の人は、職業として国際援助に関わり、待遇も気にしつつ、自分にできる範囲で理想を追求しているのだと思います。
 どこかで現実と妥協しながら、理想も忘れないのが、あるべき職業人の姿だと言えるのではないでしょうか。
==================☆

 それは、ある程度、仕方のないことでしょうね。

 でも、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:政治家



目から鱗です 【57号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

村山談話の白紙撤回を求める市民の会

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ここ何日か、体調が悪いせいで睡眠が取れず(2、3時間しか眠れない)、頭痛がひどくて、ちょっときついです(^^;

 さて、いや、ちょっと感動しました。

 というのも、私と同い年で、地元も一緒の神奈川県選出の国会議員である山内康一さんのブログの言葉です。

☆==================
 将来に希望がもてる政策を考えていくのが、若い世代の政治家の役割である。
 未来の世代に責任をもつのが、若い世代の政治家の責任である。
==================☆

 こんな発想、考えたこともなかったからです。

☆==================
 60歳、70歳過ぎの政治家が未来を語ってはいけないとは決して言いませんが、10年、20年後に政治の世界にいない可能性の高い政治家よりも、10年、20年後も政治の世界でがんばりたいという意思のある政治家の方が、未来の世代に対する責任をより明確に意識していると思います。
==================☆

 さらに、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

消費税増税は最後の切り札 【48号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!
 
 今日は、12時に寝たのですが、2時には起きてしまいました。

 ちょっと眠い目をこすりながら書き込みしています、BGMはベートーベンです♪

 さて、今回は、私と同い年で、地元神奈川県選出の国会議員、山内康一さんのブログを取り上げます。

 少し古い話になりますが、消費税増税について語っています。

☆==================
 今日(2007/11/21)は「プロジェクト日本復活(プロジェクトJ)」の記者会見です。

 このプロジェクトに参加して以来、経済財政を一生懸命勉強しています。
==================☆

 毎週火曜日に、メンバーが全員が、必ず出席しているそうです。

☆==================
 途上国の経済開発の勉強はしてきましたが、先進国(日本含む)の経済は、国会議員になる前はあまり勉強したことがありませんでした。

 中南米の財政破綻国家や東アジア経済危機後のアセアンを見れば、国家の財政が破綻すると、弱者に一番しわ寄せがいき、ますます格差が拡大することがわかると思います。

 極端な格差拡大を避けるためにも財政再建は必要で、財政再建を進めるためにはバラマキ政治はやめるべきです。
==================☆

 やはり、そうですよね。

 ところで、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:日記・一般



官尊民卑という考え方 【46号】



(お手数ですが、まずは、バーナーで、私への「清き1クリック」をお願いします)m(_)m)

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍元首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍元首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三元総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 ただ今、なっちこと安倍なつみのベストアルバム『〜Best Selection〜15色の似顔絵たち』を聴きながら書き込みしています♪

 さて、私と同い年で、同じ地元である神奈川県選出の国会議員、山内康一さんが、官尊民卑という考え方について批判をしています。

 どういうことなのか、山内さんの発言を見てみましょう。

☆==================
 年末年始の日比谷公園の「年越し派遣村」が、某ニュース番組で取り上げられたときに、某キャスターが怒った様子で、政府を批判し、「NPOが先に動き、政府が後追いするのはけしからん」といった趣旨のコメントをしました。
==================☆

 へえ、そんなことがあったのですか。

☆==================
 これは官尊民卑のお上頼みの古い発想だと思います。
==================☆

 どういうことでしょうか。

☆==================
 政府の動きが鈍いから、NPOが先に行動するのは自然です。
 政府もNPOも同じくらい迅速に行動できれば理想ですが、どうしても政府の対応は遅くなりがちです。
 政府(行政)の仕事は、手続き的な適正さを重視します。
 行政のトップ(例えば市長)が、思い立って行動するにしても、事前または事後に議会やオンブズマン等のチェックや監査を受けます。
 ある程度は書類を整え、予算の支出にあたっては厳正な手続きがあり、行政の仕事に時間がかかるのは当然です。
==================☆

 なるほど、そうですね。

☆==================
 あまりにも自由に行政官が思いつきで行動していたら、それはそれで問題になってしまいます。怖いことです。
 現場の担当課長が勝手に予算を組み替えて支援活動を開始したら、市長も市議会もびっくりすることは間違いありません。
==================☆

 それはそうでしょうね(苦笑)

☆==================
 また、行政サービスは、原則として一律・公平を旨とします。
 特定の人だけに行政サービスを提供するには、それなりの理由づけと手順が必要です。
==================☆
 
 なるほど、それもそうですね。

☆==================
 「日比谷公園に来ている元派遣労働者の失業者」というのも、特殊なグループの人たちであり、その人たちだけを特別視するには、ある程度理由を考えておかないといけません。
 なぜなら「日比谷公園に行く交通費もない失業者」や「元派遣労働者ではないけれど生活に困っている失業者」も、全国にはたくさん存在しているはずです。
 そういう人たちを無視して「日比谷公園の元派遣労働者」だけに、行政としてサービスを提供するには、ある程度の説明が必要です。
==================☆

 そういうことになりますね。

 ということは、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
JUGEMテーマ:政治家

テレビって信用できない 【15号】



(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンで、私への「清き1クリック」をお願いします。。。m(_)m)←ぃっも読んで頂ぃて有難ぅござぃますっ(´∀`)ノ このブログは出来る限り!!!!月曜日〜土曜日の夜に更新してぃきます♪

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍前首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍前首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三前総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 さて、福田内閣が発足しましたが、まあ、手堅い布陣であるなぁと思います。。。

 話は変わりますが、新人の国会議員である山内康一さん(私と同い年)が、テレビの取材で、かなりひどい扱いを受けたそうです。。。

☆==================
 この総裁選の最中に何度かテレビ局の取材を受けました。
 複数のテレビ局の取材を受けてみて、テレビって本当に怖いと思いました。
==================☆

 ほう、どうしたのでしょうか。。。

☆==================
 すでに制作意図ありき、でやってきて、制作意図に近い映像だけをつなぎ合わせて編集し、制作意図どおりの番組に仕立ててしまいます。
==================☆

 え、本当ですか。。。

☆==================
 某テレビ局の取材に対しては、誠心誠意対応し、できるだけ丁寧に説明したにも関わらず、私が言ってもいない説明をされ、困っています。
==================☆

 どんなことかというと、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!

総裁候補の外交政策 【10号】



(お手数ですが、まずは、バーナークリックボタンで、私への「清き1クリック」をお願いします。。。m(_)m)←ぃっも読んで頂ぃて有難ぅござぃますっ(´∀`)ノ このブログは出来る限り!!!!月曜日〜土曜日の夜に更新してぃきます♪

美しい国へ 美しい国へ←アマゾンで注文!
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
<内容>
 安倍首相の政治姿勢(「政治家としてどう行動すべきなのか」)そして、現在の日本を取り巻く諸問題、ひいては将来の日本のあり方に関して、安倍首相が持っている見解を自ら紹介する書です!
  ↑
  安倍晋三総理大臣の力作!とても分かり易くて読みやすい!

 さて、自民党の新人議員である山本康一さん(私と同い年)が、総裁選挙に立候補した2人の外交政策について語っています。。。

☆======================
 私がもともと政治の道を志した理由のひとつは、日本の外交政策、特に途上国援助(ODA)を、より良いものに変えていきたいという思いでした。
======================☆

 そうだったのですか。。。

☆======================
 その観点から福田さんと麻生さんの政策を見ていくと、どちらも非常にいいな、と思います。
======================☆

 ほう。。。

☆======================
 福田さんはアジア外交や国際貢献に積極的で、議員外交をはじめ、地道に活動されてきました。
======================☆

 そうですか。。。

 麻生さんの方はというと、、、

かいかくの詩 かいかくの詩←アマゾンで注文!
山本一太 (2003/02/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
山本一太議員の記念すべき☆メージャーデビュー☆シングル!
続きを読む >>


Categories

Archives

タグふれんず

カエラティッカー

カウンター

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM